ハイタ〜イ!インターン生のあやめです^ ^ B日程もあっとゆう間に過ぎ、今日は日程最後の日で、ボランティア学生たちは明日の朝帰ります。

ーーーー

午前はシュノーケリング、カヤック体験の受付、すすきの箒作り講座のためのすすき集めの3つの班に分かれて、作業を行いました。

午後は最後の2日間寝泊まりさせていただいた藤崎さんの紅型工房で慰労会を開かせて頂きました。今までお世話になった方々をお呼びし、楽しい夜を過ごすことができました。

ーーーー

地域の方々と過ごすことができる最後の夜だったため、みんな熱く語り合っていました。初め地域の方々と交流した時は、みんな何を話しして良いのかわからずオドオドしているメンバーも多かったのですが、今日はみんなが楽しそうにゆんたくしているのを見て、みんな何かしら成長したんだな〜としみじみと感じ嬉しかったです。

ーーーー

私たちはボランティア学生としてこの久志地域にやって来ましたが、本当に地域の方々から学ぶことが沢山あったり、よくしてもらったりし、私たちが与えるよりも私たちが得るものの方が大きかったと最終的に感じています。泊まる場所が確保できたのも、作業をお手伝いさせていただいたことも、慰労会を開くことができたのも、全てこの地域の方々が私たちを受け入れてくれたからでした。唯一私たちにできることは、この地域の良さを現に体験した私たちが、地域の魅力を社会に発信して行くことだと思います。10日間というとても短い時間でしたが、10日間だけがECOFFのボランティアではなく、むしろ終わってからこそ本当のECOFFが始まると言っても過言ではないと思います。この気持ちを忘れずに、地域の方々に感謝し、これからの活動にメンバー一同頑張っていきます!10日間ありがとうございました!