与論島コース最終日は1日台風で何も出来ない1日でした。
宿舎がある地区は危ないということで、受け入れ先の野口さんが所有する中心街のアパートに午前中に避難をし、轟音と地響きがするなかひたすら耐える1日となりました。
昼間には停電し、夜は真っ暗でした。
関東で受ける台風の比では無く、自然の脅威をまざまざと見せつけられました。
外はどうなっているのか、明日見てみたいと思います。