LUONG THI TUYETさん(2019GW日程)

今回村おこしボランティアに参加して、よかったと思います。人々に出会えたり、人口が少ない島の生活が体験できたり、素晴らしい景色が見えたりすることで、素晴らしい旅になりました。特にボランティアメンバーは全員優しくて面白い人ばかりで、毎日笑って生活していました。宝島で過ごした想い出は私の人生の宝であるじゃないかと思います。

LUONG THI TUYETさん(2019GW日程)

今回村おこしボランティアに参加して、よかったと思います。人々に出会えたり、人口が少ない島の生活が体験できたり、素晴らしい景色が見えたりすることで、素晴らしい旅になりました。特にボランティアメンバーは全員優しくて面白い人ばかりで、毎日笑って生活していました。宝島で過ごした想い出は私の人生の宝であるじゃないかと思います。

Y.M.さん(2019GW日程)

西表島など観光客の多い島には行くことが多々あったが、ほとんど観光客のいない宝島はそれらの島とは全然違う体験しかしなく、とても充実し新鮮な経験を得られました。島民やシェアハウスしたボランティアメンバーなど周りの人との距離がとにかく近い環境下で1週間過ごすことは良い意味でも悪い意味でも自分を見つめ直す機会となり、今までにないくらい充実した休暇となった。

角田恵吾さん(2019GW日程)

どちらかと言いますと、遊ばせて貰った方が多く、申し訳無いなあと言う気持ちがあります。
大学生は夏、冬と様々に行ける機会がありますし、別団体にも似たようなプログラムもあり、参加出来る機会が多いので、(学生主体のプログラムとは重々理解していますが)、たまには、社会人優先プログラムもあってくれたらなあと思いました。
今日もお土産屋さんのおばちゃんにエコフのこと話しましたら、機会があったら是非参加したいと言ってました。
幅広い年代にニーズはあると思いますし、逆に社会人が参加できるプログラムは少ないため、今年の宝島のように、かなり申し込みがあると私は思います。

匿名希望(2019春日程)

シェア生活、人との触れ合い、農作業、自然あふれるこの宝島での生活は全てが自分にはもったいないくらい充実した時間でした。10日間なんて本当にあっという間でした。こんなにも素晴らしい思い出を与えてくれた宝島、メンバー、島民の方々には感謝しかないです。ありがとうございました!

U.C.さん(2019春日程)

同じトカラ列島でも、前回行った悪石島とは違うところがたくさんありました。
宝島の海、畑、牧場、鍾乳洞、星空…さまざまな自然に触れることが出来、心が浄化されました。
また人と人との繋がりが強く支え会いながら生活しているというのがひしひしと伝わりました。
よく言えば小さな島であるからこその人同士の結び付きの強さや信頼関係、またその反対に息苦しさ両方兼ね備えているのではないかと思います。
同じ回のボランティア生、インターン生、共にいい出会いができました。
自分1人ではなく、いつも周りのみんながいるから作業の辛さを乗り越えられたし、どれだけ不慣れな料理でも、みんなの「おいしい」が自炊の励みになりました。
宝島には、まださまざまな可能性や課題があると思います。
またきっと宝島に足を運びたいです。

野邉友紀さん(2019春日程)

とても有意義な宝島生活となりました!
島の方々や参加者のみんなと楽しみながら村おこしボランティアに参加でき、とても幸せ感じました!
島では様々なことを感じましたが、1番考えさせられたことは、普段住む街の至る所でコンビニが24時間やっていようが、島唯一の売店が1日3時間して開いてなかろうが、人は幸せになれるってことでした。
そして僕は後者の地域に住みたいと思いました。確かにお金あってコンビニに行けば何でも手に入りいいことかも知れませんが、モノやヒトが限られていてもみんなで助け合い生きていけると感じたからです。そして後者の幸せの方がぼくはワクワクすると感じたからです。

村おこしNPO法人ECOFF