地道な種取りが自然農法の基本なら、夜市は台湾観光の基本!

台湾のボランティアツアーに参加して淡水の夜市を満喫する参加者

こんばんわ。村おこしボランティア【台湾 淡水コース】参加者の田中です。
本日の出来事をまとめました。

【1日の流れ】

・バジル・モロヘイヤの種取り
・淡水市の夜市を観光

台湾のボランティアツアーで種取りの作業をする参加者

【内容】

本日は種取り作業を中心に行いました。
この種取り作業は、幸福農荘の掲げる「自然農法」の一環で、その土地で育った種の収穫・栽培を繰り返す事で、土地に馴染んだ農薬不要の強い作物(=自然農法)になる事を学びました。

作業をおぼえるだけでなくその目的を知る事ができ、とても貴重な経験となりました。

台湾のボランティアツアーで種取りの作業をする参加者

種取り作業を終え、夜は淡水市老街の夜市へ行きました。
夜市とは毎夜屋台が開かれる市場の事で、日本の夏祭りに雰囲気が少し似ていると思いました。

台湾のボランティアツアーに参加して淡水の夜市を満喫する参加者

台湾のボランティアツアーで本場の小籠包に舌鼓!

グループに分かれ屋台を見回り、串焼、杏仁茶などを楽しみました。

その帰り道、目的のバスを見つけるのに時間がかかり、不慣れな海外の地でバスに乗る大変さを感じました。
明日からは下調べをしっかりし、スムーズに移動できるよう準備していこうと思います。

以上です。明日からもよろしくお願いします。

村おこしボランティア【台湾 淡水コース】の幸福農荘にて

淡水の夜市での様子は、下記ムービーからご覧ください!