昨晩、十分な食事と長時間の睡眠がとれ、清々しい朝を迎えることが出来ました。

一日中レンコン採りに励み泥まみれになりましたが、充実感と達成感で気持ちは爽やかでした。

夕方は、会長さんや村の方々が晩御飯に招待して下さり、経営や農業などの貴重なお話を聞かせて下さいました。また、学生同士で話す機会もあり、様々な意見を知ることで大変勉強になりました。

種子島の生活は農業体験だけではなく、島に住む人々の考え方や生活スタイル、学生同士の交流など学びの場としては最適の場所だと感じました。

残り少ない島での生活で、自分にできることは何か、学んだ事をどの様に活かしていくか、ひとつひとつ考えながら行動していきます!