シンチャオ! 2018年度年末年始ベトナムコースが開始しました! なんと今回の参加者は私1人。。。 ここはポジティブに、よりベトナムに染まれるということで頑張っていきましょう!笑 朝、世話人のモッちゃんにバイクで迎えに来てもらい、FUVに向かいました。ホーチミンはかなりの暑さだったのですが、FUVのあるバンメトートは標高が高いのでホーチミン程の暑さではありません。

快適だなぁと思いながら、モッちゃんから説明を受けて農業体験を開始! 「農作物は自然にできたものではなく人が手を加えることで出来るもの」ということをモッちゃんから教わり、人が手を加える作業の1つである「堆肥作成」を行いました。堆肥は数ヶ月間発酵させることで完成するらしいのですが、FUVには既に1カ月ほど経過した堆肥がありました。そこでモッちゃんから一言。手を突っ込んでみて。衝撃を受けるかもしれませんが、大丈夫です笑 臭いもほとんどありませんし、パラパラとした乾燥度合いなので、私はすぐに手を突っ込みました。すると、おぉ!と思うぐらい熱いんです! 堆肥になる過程で、有機物が無機物に分解される時に熱が発生するそうです。こんな新発見をした後に、FUVで実習を受けているベトナム人のフンさんとトゥーさんが作ってくれた昼ごはんを頂きました。薄味で食べやすいのでご飯を3杯お代わりしました。

午後からは畝を作りました。全部で7つの畝を作るのですが、途中で畝の幅がバラバラなことが判明。。。 1から作り直しました。重い鍬や鋤を持っての作業なので皆んなキツいはずなのに、現地のベトナムのメンバーやモッちゃんは誰も文句を言わず楽しそうに作業を続けていました。普段食べている農作物には多くの手間暇がかかっているのだとしみじみ思いました。

明日、恐らく私は筋肉痛になります笑 でももっともっとベトナムの実習生と仲良くなって、楽しい思い出をたくさん作りたいので頑張ります!

ではまた明日! タンビエット!


村おこしNPO法人ECOFF