とても有意義な宝島生活となりました!
島の方々や参加者のみんなと楽しみながら村おこしボランティアに参加でき、とても幸せ感じました!
島では様々なことを感じましたが、1番考えさせられたことは、普段住む街の至る所でコンビニが24時間やっていようが、島唯一の売店が1日3時間して開いてなかろうが、人は幸せになれるってことでした。
そして僕は後者の地域に住みたいと思いました。確かにお金あってコンビニに行けば何でも手に入りいいことかも知れませんが、モノやヒトが限られていてもみんなで助け合い生きていけると感じたからです。そして後者の幸せの方がぼくはワクワクすると感じたからです。


村おこしNPO法人ECOFF