村おこしボランティア

琵琶湖 沖島コース

 

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

沖島コースでは、湖に浮く島ならではの漁と畑による昔ながらの生活を体験できます。

琵琶湖の魚と、沖島の野菜を味わいながら、時代が止まったような島での生活をしましょう。

 

今すぐお申込み

こんな人にオススメです

漁業に興味がある!

とにかくのんびりしたい!

島の人とたくさん交流したい!

琵琶湖 沖島とは?

村おこしボランティア【沖島コース】の舞台

村おこしボランティア【沖島コース】の舞台はココ!

古き良き空気感がただよう島、それが「沖島」。

沖島は日本でただひとつ湖に人が暮らす島で、のどかな漁師の島です。

一般的な生活スタイルは朝から夫婦で漁に出て、奥さんは昼から畑に出るというもの。魚は漁で獲り、野菜は畑でとる自給自足の生活です。味噌ですらも自分で作るので各家庭で味噌の味が違うところに、その一端が見えるでしょう。

島内には車はほとんど走っておらず、普段の移動は自転車(三輪車)です。自転車で沖島を移動すると、景色がゆっくり変わるのでのんびりした空気が味わえ、まるで島は時代が止まっているかのよう。

また、島で食べられている魚は「湖魚」なので普段食べられない珍しいものが多いのも沖島の魅力。

春は花見、夏は美しい湖で海水浴ならぬ湖水浴も楽しめます。島の人たちはちょっぴりシャイだけど、打ち解けるとよく喋ってくれる優しい方ばかりです。

もっと知りたい方は…

琵琶湖 沖島で体験できること

これまでの沖島での活動と、予定している活動の一部をご紹介! 左右の「<」「>」ボタンをクリックして他の画像もご覧になれます。

港のお掃除!

島の方々が毎日使う沖島の港と、対岸の港の清掃をしました。

子ども達との交流

島の子どもたちは元気いっぱい!

「湖魚」を味わおう!

沖島では貴重な湖魚を味わえます。

中には琵琶湖固有種もいますよ!

和尚さんによる沖島の歴史講義

島の和尚さんから沖島についてのお話を聞きました!

春祭りに参加!

ゴールデンウィークは春祭りに参加できます!

島の漁師さんとの交流

島の漁師さんは気さくな方ばかり。
お酒を交えて様々なお話ができました。

ゴミ捨てのお手伝い

島のゴミってどうしてるの?

島の暮らしには疑問がたくさん。
体を動かして学び、島の方の助けになろう。

湖の中の暮らしを体験

日本にある418か所もの有人離島の中でも、湖に浮かぶ島はこの沖島だけ。

そんな湖の中の漁師の島を味わえるのはなんとも珍しい体験です。

さらに、琵琶湖の漁業の半数以上を支えているのが沖島の漁師さん。

琵琶湖の魚は滅多に食べられない貴重なものが多いのも魅力。

作業をがんばった後は、晩御飯にはおすそわけしてもらえるかも?

昔ながらの日本の風景

車が走っていない沖島。島内移動は三輪車か徒歩がほとんどなので、本当に静かです。

船が通っていない頃は物を買うのも捨てるのも大変だったため、
色々な物を再利用した生活の工夫があちこちに見られます。

そして、集落の端には島民たちの畑があります。

一家に一畑の自給自足生活。そんな昔ながらの日本風景の中に身をおいてみましょう。

島のお祭りに参加しよう

ゴールデンウィークには春祭りが開催されます。

沖島の氏神様、奥津島神社で行われる大きなお祭り。

島から離れて暮らす家族がみんな集まり、島は大賑わい。

おみこしを担いで神社の階段を上ります。

また、お祭りの翌日には子どもたちと山に登る行事もあるので、島の人たちとたくさん交流できます。

琵琶湖 沖島コースの体験記

子供達の元気いっぱいな姿にパワーももらえた1日でした!

午前中は、おきしま資料館にいってきました。 館長さんが琵琶湖の歴史について話してくださいました。 湖に浮かぶ島で人が住んでいる島は、世界でもデンマーク、スコットランドにあるぐらいで珍しい島であるというのは、日本人はどれだけ知っていることでしょうか。

体験記を読もう!

 

体験記を読めば、具体的にどのような活動をしているのかがよく分かりますよ。

沖島体験記のページから、もっとたくさんの体験記をご覧ください!

体験記を読む

琵琶湖 沖島の春祭りについて

春祭りは沖島の氏神様「奥津島神社」で執り行われます。

奥津島神社は藤原鎌足の子、藤原不比等によって建立されました。航海の安全と五穀豊穣、水火の避難を祈願するお祭りがなんと1300年も前から(!)行われています。

お祭りは前日におみこしを本殿にお祀りするため、神社までの階段をおみこしを担いで上ります。この階段がかなり急なので大変です。そして翌日のお祭り当日はまたおみこしを担いで階段を下り、町をねり歩きます。

そしてお祭り翌日は祭りで出たお酒や食べ物の余り物を持って、子供たちと島の中心にある山に登り、山頂でどんちゃん騒ぎ。3日間に渡り、島が大賑わいになります。

ゴールデンウィークの村おこしボランティア参加者の皆さんには、この春祭りに実際に参加していただきます!

沖島コースの世話人さんからのメッセージ

こんにちは! 沖島で生まれ育ち今でも沖島で暮らしています!

自然豊かでみんなが家族みたいな沖島。この良さを守りながらもこれからの島の未来の為にできる限りの事をやろうと微力ながら頑張っています!

一度この島の良さに実際に体験に来て下さい!

なんにもない島ですがこのなんにもなさがまた癒されますよ! 是非皆さんの力を期待してお待ちしてます!

北幸恵さん(近江八幡市役所職員)

日本でただ一つ湖に浮かぶ有人島。沖島。

湖と山に囲まれて自然豊かな島。車が通れる道はなく、移動は自転車か徒歩というスローな島です。

私は沖島に嫁いで17年目。すっかり沖島人になりました。

沖島は平成25年の7月に離島に認定され、昨年の11月から沖島を盛り上げるために頑張っています。
5月は春祭り、9月は運動会があります! 一緒に盛り上げてくれる方、お待ちしています!

富田雅美さん(デイサービス介護職員)

沖島調査スタッフからのメッセージ

琵琶湖の真ん中に人が住んでいる島があったなんて、みなさん知っていましたか?

私は20年以上関西に住んでいながら、今まで知りませんでした。きっとそんな人も少なくないでしょう。

沖島は平成25年7月に離島振興法の見直しにより「離島」と認定された、いわば「新しい離島」です。もちろん、昔から人々は沖島で暮らし、生活していたわけですが、日本では「離島」という扱いではなかったわけです。

滋賀県近江八幡市の港から船で10分。離島というにはあまりにも近いような気がしました。大阪など関西の主要都市からも日帰りで行けるほど、「近い離島」。正直、行くまではそんなに島っぽくないのだろうと思っていました。

しかし、行ってみるとあまりにも島っぽい。船が着いた途端、静かすぎて不安になるほどでした。

ゆったりと流れる島時間。車も走っていない。港には船に漁師、畑仕事をしているおばあちゃん・・・。

都会からすぐに行けるのに、こんな素敵な場所が残っていたなんて。私は一瞬で沖島ファンになりました。

沖島の魅力を語り出したら止まらないのですが、それは実際に行ってみて、ぜひみなさん自身で感じてください。一度来たら、みなさんもきっと沖島ファンになるでしょう。

今年のゴールデンウィークは、春祭りが開催される沖島へぜひお越しください。

中村文香(ボランティアスタッフ )

スケジュールと内容

日程時間内容
5月1日(1日目)15:05近江八幡駅北口 観光案内所前 集合
15:35近江八幡駅北口 → 堀切港
16:15堀切港 → 沖島港
オリエンテーション
5月2日(2日目)-春祭りの準備
5月3日(3日目)-春祭り
5月4日(4日目)-山登り
5月5日(5日目)

5月6日(6日目)
-陸での漁業のお手伝い、道路の整備など
5月7日(7日目)-ECOFF関西報告会・交流会交流会
5月8日(8日目)午前沖島港にて解散
☆ポイント☆
スケジュールは現地の天候や作業の進行状況等に応じて変化します。
そのため具体的なタイムスケジュールはございません。

島の方々はきゅうくつな予定や時間にはとらわれていません。
せっかく沖島に行くのですから、細かいスケジュールは気にせず島時間を堪能しましょう。

琵琶湖 沖島コースの情報まとめ

村おこしボランティア【琵琶湖 沖島コース】の情報をまとめました
体験できる内容島の行事への参加:お祭りや運動会などのイベントの準備や参加をしよう!
集落のお手伝い:島ならではのさまざまな共同作業に参加して地元の人と仲良くなろう!
陸地での漁業ボランティア:湖ならではのボランティアをしよう!(湖上は危険なため、陸地での作業のみ)


※ここに記載されているものは一例です。
体験内容は天候や状況により変化しますので、これらの体験ができることを保証するものではありません。

得られる物離島での生活経験
第2のふるさと
志を共にする仲間

※ここに記載されているものを得られるかどうかは、参加者次第です。目標をもって参加しましょう!

期間

2015年5月1日(日)〜5月8日(日)【7泊8日】

※締切りは出発1週間前か定員に達した時点です。お早めにお申し込みください。

場所滋賀県近江八幡市沖島町(滋賀県近江八幡市沖島町
受け入れ団体沖島離島振興推進協議会
富田雅美さん
北幸恵さん
対象18歳以上で健康な方、学生でなくても可(高校生は応相談)。
参加費35,000円(初参加の場合)/ 32,000円(リピート参加の場合)/ 27,000円(もんて割)
お申し込みの前に【参加費について】を必ずご覧ください。

※「もんて割」は、過去に沖島コースに参加したことがある方のみ適用できます。
なお、もんて割が適用されるのは、各日程につき1名まで(先着順)となりますのでご了承ください。
保険村おこしNPO法人ECOFFが一括し損保ジャパン日本興亜の国内旅行保険に加入いたします。
定員6名|応募締切りは、定員に達するか出発の1週間前です。

参加者の声

実際に沖島コースに参加した方の評判を聞こう!

私が参加して思ったことは、どんな理由でもいいから参加してみるということが大切だということです。

私は今回が初めてのボランティアへの参加だったのですが、現地に行ってみると自分にできることが驚くほどたくさんあり、楽しみながらしているうちにあっという間に時間が過ぎました。

必ずしも崇高な志を持っていなくても、実際に現地に行けば必ず自分の役割を持て、誰かの役に立つことができる。そういったボランティアの楽しさを経験することができました。

小澤弘明さん(2015年GWに参加)

沖島の存在をボランティア活動するまで知りませんでした。しかし、いざ島に来てみると湖は透き通っていて、山もあり、自然豊かな島でした。

島民の方もすごく親切で、あっという間に大好きな場所になりました。ぜひまた来たいです。

S.S.さん(2015年GWに参加)

参加する当日まで、初めて会う人と知らない土地で1週間共にする、ということに不安を抱いていました。

実際に参加してみると、村おこしという同じ目標があるので、話し合いをしたりと有意義な時間を過ごせました。

また「このボランティアを通してしか体験できなかっただろう」と思うことがいくつもあったので、参加して本当に良かったなと思います。

匿名希望(2015年GWに参加)

※下記に「#N/A」と表示された場合は、ページを更新すると正しい文字が表示されます。

ゴールデンウィーク
定員まで残り

※定員6〜7名

さあ、旅立とう。

 

村おこしボランティア【琵琶湖 沖島コース】は、
気軽に行ける古き良き日本の島に行きたい方に、ピッタリのボランティアです。

このボランティアに参加する

こちらのコースでも募集してます!

宿泊場所について

公民館

漁業会館

公民館

公民館

公民館

公民館のキッチン

漁業会館

漁業会館


沖島コースでは、公民館と漁業会館またはお寺の離れを宿泊施設として利用させていただきます。

民宿やホテルではありませんので、全てセルフサービスとなります。

画像上の矢印をクリックしてその他の写真をご覧できます。

名称:公民館(コミュニティセンター)/ 漁業組合会館
部屋の種類和室(男女別の相部屋となります)
携帯電波
インターネット | テレビ◯| ◯
浴室X(※1)
洗濯機 | 乾燥機◯ | X(※2)
アメニティ寝具一式のみ
売店
◯(※3)
自動販売機
(※1)近くの民宿の浴室をお借りする予定です。歯ブラシ、タオル、シャンプー、ボディソープ、ドライヤー等の洗面用具はご持参ください。

(※2)家庭用洗濯機を共同で利用しますので、洗濯物が混ざらないよう、洗濯ネットをご持参ください。また、洗剤は念のためご自身でご準備ください。

(※3)島内に3店有りますが、営業日と営業時間は不定期です。最も近い売店は徒歩3分で、お菓子、お酒、洗剤類などの日用品を購入できます。

アドバイス

アクセス方法について

【東京方面から】

東京 <高速バス:約9時間> → 草津駅(滋賀)<JR琵琶湖線:約15分> → 近江八幡駅
おすすめバス会社:ウィラートラベル

【大阪方面から】

大阪 <電車:約1時間> → 近江八幡駅

【近江八幡駅から】

近江八幡駅 北口 <近江バス(国民休暇村行・6番バス乗り場(15時35分発)または、あかこんバス(沖島行):約30分> →  堀切(港)→ 沖島通船(16時15分発:約10分)→ 到着!

※あかこんバスは「平日運行」、「土曜日・日曜日・祝日等運休」です。
※「沖島へ行こう!」も参考にしてください。
※現在表示しているのは、2015年3月14日現在のものです。ご出発の前にご自身でも確認されることをおすすめします。

持ち物について

特別な持ち物は、軍手・作業着・長靴の3点セットです。

  • おすすめの作業着:作業着を購入する
    作業着は、特別に買わなくてもジャージなど、動きやすくて汚れてもいいものであれば何でも大丈夫です。

その他、持っていったほうがいい持ち物に関しては、持ち物リストをご覧ください。なお、参加者には同様の持ち物リストが記載されている「しおり」を郵送いたします。

よくあるご質問

ご質問のある方は、こちらをご覧ください。それでも解決しない場合は、コンタクトフォームからご質問してください。
参加費の支払いはどうすればいいですか?

ウェブからのお申し込み後、銀行振込かクレジットカードでお支払いください。

お支払い方法は、お申し込み後に送られる確認メールに記載されています。銀行振込の場合も、クレジットカードの場合も、原則お申し込み後5日以内にお振込みください。

期限内にご入金されない場合は、自動的にキャンセルとなります。

受け入れ農家さんを安心させ、スムーズに手続きをおこなうためにご協力をお願いいたします。お振込みを確認しだい、お申し込み完了となりますが、お申込があった時点で参加するものと判断して手配をしております。

申し込んだのに確認メールが届かないのですが?

迷惑メールフォルダを確認していただくか、「in[email protected][email protected][email protected]確認ください。

お申し込みをした後、ECOFFからの確認メールが届かない場合、迷惑メールの設定により確認メールが受信できていない可能性がございます。

確認メールが届かない場合、まず迷惑メールフォルダを確認していただき、メールが届いていない[email protected]@[email protected][email protected]す。

それでも届かない場合には、050-5809-3263までお問い合わせください。

【メールの受信設定方法】

設定の方法は各携帯電話会社か、メールサービスへお問い合わせください。以下に代表的なキャリアの設定方法の記載されたページをご紹介します。

説明会や出発前のオリエンテーションはありますか?

ビデオをご覧になるだけの簡単なオリエンテーションです。

出発までに、お申し込み後に表示されるページのビデオをご覧になってください。また、ビデオをご覧になったうえで疑問点や不安なことがございましたら、インターネット経由で個別相談を承ります。

なお、担当者は調査のため東京の本部を不在にしていることが多いので、直接会ってのご説明は承っておりません。ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

加入する保険はどのようなものですか?

損保ジャパン日本興亜様の国内旅行保険です。

保険はECOFFが一括して参加者全員分を申し込みます。プランはご希望に合わせて変更できます。詳しい補償内容については、資料(PDF)をご覧ください。

売店などはありますか?

ありますが、営業時間にご注意ください。

都会の売店と比べ取り揃えている商品が少なく、営業時間が不定ですのでご注意ください。ただ、菓子類や酒類、シャンプー、石けん、洗剤などの生活必需品はございます。また、売店以外にも自動販売機があります。

なおATMは島にはありませんが、郵便局の窓口でお金を引き出すことが可能です。ただし、活動中は団体行動となりますので、個人的な理由で郵便局に行くのは自由時間の間となります。島内で必要になるお金は事前にご準備ください。

期間中の食事はどうすればいいですか?

基本的には、自炊です。

食材は受け入れコーディネーターが準備します。食材は一般的な食事を調理できるもの(米・麺類・野菜類・各種調味料等)を用意していますが、内容は時期や参加人数によって異なりますのでご了承ください。

その場の知恵でオイシイ料理をつくる。それも島暮らしの醍醐味です。なお、参加者が複数いる場合、皆さんで自炊をお願いしています。時々、農家さんから食材をもらえたり、お食事をごちそうになることもあるかもしれません。

沖島の船が欠航したらどうなりますか?

出発日の船が欠航した場合

台風などの影響でごくまれに沖島に向かう船が欠航することがございます。この場合は、終了日は変わらずに日程を短縮して実施いたします。不要になった費用があった場合は現地にてご返金いたします。

最終日の船が欠航した場合

この場合は、終了日が延長されます。その場合の宿泊費や施設利用費は無料です。

実際のボランティアの内容はどのようなものですか?

ボランティア内容は、陸での漁業ボランティアのほか、集落作業です。

陸での漁業ボランティアや、イベントの準備や参加などがございますが、その時の天候や受け入れ側の都合などによってその都度変わります。

村おこしボランティアは、その地域に行き、その地域でその時必要とされているボランティア活動をし、地域を知る。そして、滞在中に得た学びを実生活に活かし、更にその地域の良さを多くの人に伝えることこそが、一番大切なボランティアと考えています。

そのことをご了承のうえ、必要以上に神経質にならずに気楽な気持ちで参加すると、より沖島での生活を楽しめます。

一人でも参加できますか?

もちろん、お一人でも安心して参加してください。

ほとんどの参加者はお一人で参加されていますので、皆さん現地ですぐに仲良くなってらっしゃいます。

心配せず、ぜひ参加して他の参加者の方とボランティア活動と共同生活をお楽しみください。

また、村おこしボランティアには最低催行人数はございませんので、参加者がお一人でもプログラムは実施されます。

プログラム期間終了後、個人的に延泊したい場合は?

事前に現地の宿泊所にご相談のうえ、現地にて規定の費用をお支払い下さい。

プログラム期間が終了した後も滞在したい場合は、現地の宿泊所や民宿等にご相談ください。なお、プログラム終了後に発生した問題や利害に関しECOFFは一切関与致しませんので、ご自身の自己責任の範囲でお過ごしください。

また、保険は期間終了後は無効となりますので、十分ご注意ください。

参加費に含まれる寄付とは何ですか?

ECOFFが持続的に事業を行うために必要な経費です。

このボランティアプログラムの企画・実施にあたり、ECOFFでは何度も現地調査を行ったり、受け入れ先との協議を繰り返しています。また、広報活動のための必要経費やその他の人件費も発生します。

そこで、皆様から頂いた寄付は今後も同じようなプログラムや活動を実施し、地域活性化と環境の維持・保護に貢献するための活動資金に充当させて頂きますので、ご理解をお願いいたします。詳しくは、
ECOFFの寄付運用ポリシー(PDF)
をご覧ください。

集合場所には何時までに到着すればいいですか?

当日16時15分の船でお越しください。

当日は、15時35分に近江八幡駅北口(6番バス乗り場)から出発する近江バスに乗車し、16時15分発のおきしま通船に乗船して集合場所の「沖島港」へお越しください。

※現在表示しているのは、2015年3月14日現在のものです。ご出発の前にご自身でも確認されることをおすすめします。

現地までの交通の手配はいつすればいいですか?

お申し込み完了後、資料が届く前に配して構いません。

インターネットからのお申し込みの後、参加費を入金(またはクレジット決済)し、ECOFFから申し込み完了メールが届いたら、現地までの交通(航空券など)の手配をして構いません。この時、ECOFFからの資料を待つ必要はありません。

さあ、今すぐ準備しよう。

 

村おこしボランティア【琵琶湖 沖島コース】は、
気軽に行ける古き良き日本の島に行きたい方に、ピッタリのボランティアです。

このボランティアに参加する


Shares

この記事をシェアしよう

お友達にもECOFFをぜひご紹介ください!