トカラ列島横当島の火口の様子

7年越しの念願!トカラ列島の無人島「横当島」に上陸しました!

目次

トカラ列島横当島の火口の様子

こんにちは、村おこしNPO法人ECOFF代表の宮坂です。

4月23日、1.5mの波高を乗り越えて奄美大島の古仁屋港から約3時間。横当島に到着し、私は火口からの噴煙調査を実施しました。

写真は、直径300m、深さ250mの横当島の火口です。火口底には森林が広がり、鳥の声がこだましていました。これまでに誰一人火口底の調査を行った人はいません。

村おこしに無人島? と思われるかも知れませんが、無人島も地域活性化の役に立つ資源ですし、無人島の自然環境を知ることで、万一、有人島が無人化してしまった場合の予測などをすることができます。

トカラ列島横当島を海から臨む

今回は、鹿児島大学から非常に貴重な機会をいただきました。ありがとうございます。

さて、次の目的地は宝島ですが、事情により奄美大島に27日まで滞在することになりました。現在は奄美大島の南西の離島「加計呂麻島」におります。