島にとけこむ、旅をしよう。

ECOFFでは、誰でも地域活性化に親しんでもらえる「村おこしボランティア」を、
夏休み・春休み・連休に1週間〜10日間の期間で開催しています。

若者の力を必要としている離島や外国で、楽しくて勉強になる夏休みを過ごそう!

地方創生の第一歩は、その地域を知り、その地域で大切な人に出会うこと。

ECOFFは、全ての人が第2の故郷と家族を見つけられる社会作りに貢献します。

ECOFFの特徴

ECOFFでは、その村のことを知り、ファンになり、友達を作り、たくさんの人に伝えることこそが、誰にでもできる村おこしであり、最初の一歩であると信じています。

そこで1〜2週間、離島や山村に滞在する「村おこしボランティア」と、1ヶ月以上滞在する「島インターン」を実施しています。

村おこしボランティアの特徴

村おこしボランティアにはスケジュールはありません。日々、その時の天候や様々な状況に合わせて暮らしている村の方々と同じライフスタイルを経験するのが、その村を知る一番の方法だからです。

島インターンの特徴

島インターンでは、現地の方々とともに村おこしボランティアの受け入れをします。また、短期間では分からない村の良さや課題を学べます。さらに、ふつうは暮らすことのできない場所での生活を通じ、自分を大きく成長させることができます。

松野健一さん(2019夏日程)

行くまでは「島」「地域」と一括りにして地方創生を考えていたが、今回焼尻島に行ったことで考え方が変わった。それぞれの島の風土や歴史・住民の考え方の違いを汲み取った個々の村おこしの方法を考えなければいけない。焼尻はモズクという名産品とオンコ林やサフォークという観光資源、天売島はウニという名産品と海鳥といった観光資源がある。それをしらないまま一括して「羽幌町」としての地方創生の手法を考えても羽幌本土にしか恩恵が及ばない可能性が多い。また町政が島をないがしろにしているという問題もある。町民も自島の魅力に気づいておらず、諦めの境地に達した結果誇りの空洞化に結び付いていると感じた。まずは自分の住む地域に存在する誇れるモノ(環境・産業・動物・人)を村民が共有し、観光客を呼び込むことで村おこしに繋げ、その先に移住や地方創生があるのではないかと感じた。

行き先は国内外の離島や山村。期間は1〜2週間。農作業やイベントのお手伝いをしながら、楽しい観光も満喫できます。毎年約500名の方が参加する大人気のプログラムです。

これまでに村おこしボランティアに参加した方が毎日書いてくださった体験記をご覧になれます。

ECOFFブログでは、最新情報のほか、ECOFFならではの地域情報などをご覧になれます。

期間は1ヶ月以上。短い期間では満足でない方のためのインターンシップです。村おこしボランティアの受け入れを現地の方としながら、ディープな体験をできます。



ソーシャルアクションリングオフィシャルサイト
みんなのソーシャルアクション

『NPO法人 村おこしNPO法人ECOFF』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~