島にとけこむ、旅をしよう。

コース一覧を見る体験記を読む

夏休みのお申込み受付中!

ただいま、夏休みのボランティアを募集中!

先着順となりますので、お早めにお申込みください!

こんな方におすすめのボランティアです

大学生

農業したい!

村おこしボランティアは、田舎が好きな人におすすめです。

田舎が好き!

村おこしボランティアは、新しい出会いが欲しい人におすすめです。

新しい出会いが欲しい!

村おこしボランティアは、離島が好きな人におすすめです。

離島が好き!

特別なことがしたい!

村おこしボランティアは、村おこしがしたい人におすすめです。

村おこししたい!

村おこしボランティアは、旅が好きな人におすすめです。

旅が好き!

田舎暮らしを体験してみたい。大好きな地域の役に立ちたい。

そう思っても、どうすればいいか分かりませんよね?
田舎に知り合いがいれば、その人に頼ればいいけれど、そんな知り合いがいない人も多いはず。

それでは、旅行会社のボランティアツアーに参加しよう! と思っても、
旅行会社のツアーはスケジュールがガチガチに決まっています。

そうではなくて、もっと本格的に田舎暮らしを体験して、 本当に役に立てる活動がしたいのに…。

そんな悩みは、ありませんか?


ECOFFの誰でもできる「村おこし」に挑戦だ!

 

ECOFFのボランティアは、1週間〜10日間ほど村に滞在し、地域のお手伝いをしながら、全国から集まった同年代の仲間と共同生活をする「村おこしのためのボランティア」です。

しかし、たったそれだけの期間で誰もが納得できる村おこしなんて、できるわけがありません。

ですが、誰でもできる村おこしもあります。それは、村のことを知り、その村のことを他の人に伝えるということです。

そうした小さくて誰でもできることだって「村おこし」に繋がる。そういう思いを持って欲しくて「村おこしNPO法人ECOFF」と名付け、活動をしています。

ですからECOFFのボランティアでは、皆さんが想像する「村おこし」とは違う活動をするかもしれません。

特定の方のお手伝いや、家庭菜園のお手伝いをすること、村の方とお話をすること、村の生活を楽しむこと…一見「村おこし」にも「ボランティア」にも思えないこともたくさんすることでしょう。

ですが、それらのことは全て「村おこしに通ずること」なのです。村でのさまざまな出来事を通じて、その村のことを知ることこそ、外部から来る皆さんにできる一番のボランティアです!

ただいま、そんな思いを持ってゴールデンウィークに離島に行ってくれる参加者を募集中! 各コースの詳細をぜひご覧ください。

もし、どの地域に行けばいいのか分からない方は、簡単な質問に答えるとオススメのコースを教えてくれるクイズに答えてみよう。

自分にピッタリのコースを見つける
焼尻島コース

北海道で初開催! 北の離島で古民家再生をしよう!

活動内容

  • A日程:受付終了
  • B日程:9月8日〜9月17日

佐渡島コース

日本最大の離島で、幻想的な竹灯りイベントを成功させよう!

活動内容 体験記

  • 岩首コース:8月19日〜8月29日

種子島コース

宇宙にもっとも近い島で、農業ボランティアを満喫しよう!

活動内容

  • 8月18日〜8月27日

薩摩竹島コース

ジオパークに認定されたド迫力の自然の中で、地域おこしイベントを成功させよう!

活動内容 体験記

  • 受付終了

薩摩黒島コース

将来の高級黒毛和牛のお世話ができるのは黒島だけ。自然と牛に癒される暮らしをしよう!

活動内容 体験記

  • 受付終了
  • B日程:8月11日〜8月20日
  • C日程:8月21日〜8月31日
  • D日程:9月1日〜9月8日
  • E日程:9月15日〜9月23日
  • F日程:9月22日〜9月30日

宝島コース

「宝島」は本当にある! 人口100人の離島で、移住者と共に宝島の未来を考えよう。

活動内容 体験記

  • A日程:受付終了
  • B日程:8月12日〜8月21日
  • C日程:8月22日〜8月31日
  • D日程:9月2日〜9月11日
  • E日程:9月12日〜9月21日
  • F日程:9月23日〜10月2日

喜界島コース

青い海、青い空、南国の果実…。離島のなかの離島は、南の島を体いっぱいに体験できる島です。

活動内容

  • A日程:8月23日〜9月1日
  • B日程:9月8日〜9月17日

沖縄やんばるコース

本物の沖縄の自然のなかで、農家さんのお手伝いをしよう!

活動内容 体験記

  • A日程:8月12日〜8月21日
  • B日程:8月26日〜9月4日
  • C日程:9月9日〜9月18日

台湾淡水コース

台湾で「自然農法」を体験できる特別な海外農業ボランティアに参加しよう!

活動内容 体験記

  • A日程:受付終了
  • B日程:8月23日〜9月1日
  • C日程:9月4日〜9月13日

ベトナム コース

ベトナムで農業をしながら暮らす個性的な日本人とプチ海外移住生活!

活動内容 体験記

  • A日程:8月15日〜8月26日
  • B日程:8月29日〜9月9日
  • C日程:9月12日〜9月23日

四万十川コース

地域活性化の切り札!? 自伐型林業を学べる本格派コース!!

活動内容 体験記

琵琶湖沖島コース

湖に浮く島ならではの景観と、漁と畑による昔ながらの生活が残る島を体感しよう!

活動内容 体験記

どこに行けばいいか分からない?

 

そんな方は、簡単な質問に答えるだけでオススメのコースを教えてくれるクイズに答えてみよう!

自分にピッタリのコースを見つける

日程からも行き先を選べます

カレンダーを見れば、自分に都合の良い日程で開催されている地域を見つけられます。

どこに行けばいいか分からない?

 

そんな方は、簡単な質問に答えるだけでオススメのコースを教えてくれるクイズに答えてみよう!

自分にピッタリのコースを見つける

何をするの?

農業ボランティアが中心ですが、その他にも村の人が必要なことなら何でもお手伝いします。

特に農業ボランティアは手作業なので、ホンモノの農業を体験したかったら間違いなくECOFFのボランティアがオススメです。

その他、イベントのお手伝いや清掃、お年寄りとの触れ合い、更には登山やカヌーなどの自然体験も味わえます。

ただし細かいスケジュールは事前に決まっていないので、最初は不安かもしれません。しかし現地の状況は、あなたが家にいる間も次々に変化しています。

予定を立てた時とは違う状況で、無理やりスケジュール通りのことをして何の意味があるのでしょうか? 一番不安なことは、あなたが無意味なボランティアをしてしまうことなのです。

だけど安心してください。ECOFFのボランティアならそんな心配はいりません。 スケジュールは、その場その場で決めていくからです。

だから、村の人が本当に必要としているお手伝いをして社会貢献できます。そのうえ、現地の人と同じライフスタイルを通じて「田舎時間」を体験できます。

さらに、ふつうのボランティアツアーではスケジュールに組み込まれない特別なお手伝いができることだってあるんです。

スケジュールの決まっている安心感と、スケジュールの決まっていないワクワク感。どちらがあなたと地域にとって大切か、少し考えてみればわかるはずです。

さあ、仲間も一緒です。だから、躊躇しないで「島にとけこむ旅」をしよう!

自分にピッタリのコースを見つける

いつ参加できるの?

毎年、2〜3月、5月、8〜9月に実施しています。

募集は、それぞれ2、3ヶ月前から開始しています。定員に達し次第締切りとなりますので、ご注意を!

8〜9月の募集は6月から。2〜3月の募集は11月から行います。

いち早く情報を知りたいなら、先行登録しよう!

3つのいいね!

「村おこしボランティア」と「島ながれボランティア」の「いいところ」を3つだけご紹介します。左右の「<」「>」ボタンをクリックして他の画像もご覧になれます。

スケジュールがないから、面白い。

 

一般的なボランティアツアーではあらかじめ内容が決まっていますが、
ECOFFのボランティアでは決まっていません。

なぜなら、その日その日でやることが違うのが田舎の生活だからです。

田舎時間を徹底的に味わえるうえ、コースごとに異なる体験ができるため何度行っても楽しめます。

全国から仲間が集まるから、スゴイ。

 

ECOFFのボランティアでは、日本中から集まるさまざまな仲間といっしょにボランティア活動ができます。

たくさんの仲間と考え方に刺激を受ける充実した10日間を過ごしましょう。

とんでもない場所に行くから、ヤバい。

 

ECOFFの紹介する地域は秘境に限定。

鹿児島の離島や、沖縄の奥地などふつうでは行けない場所に、全国から集まる仲間と一緒に行けます。

秘境だからこその体験は、あなたにとって忘れられない思い出になること間違いなしです。

3つの安心

「村おこしNPO法人ECOFF」は、東京都に認証された特定非営利活動法人です。 私たちは、参加者の皆さんの安心のために3つの安心を提供します。

頼れるホスト

ECOFFのボランティアの受け入れをしてくださるホストの方は、ECOFFスタッフが現地で実際にお会いしている方です。

また、ECOFFが厳格に規定した「ガイドライン」に則って、皆さんの活動をコーディネートしてくださいます。

安心の保険

安心の保険

ECOFFのプログラムでは皆さんが安心して活動できるよう、損保ジャパン日本興亜の国内旅行保険に加入しております。

皆さんは面倒なことは考える必要はございません。

※海外コースの場合は、ご自身で保険にご加入いただきます。

他の参加者と連絡できます

ECOFFのプログラムに参加する方の多くは、初めて離島に行ったり、ボランティア活動をする人です。

そこで、ECOFFはLINEグループを作成し、それを通じて他の参加者と事前にコミュニケーションが取れるよう工夫しています。

3つのお得

できるだけ多くの方に農林漁村の魅力を知ってもらうべく、 だれでも気軽に参加していただける価格でサービスを提供します。
低価格で長期滞在

低価格で長期滞在

ECOFFでは、現地のシェアハウスや公民館を活用することで、できるだけ滞在費が低くなるよう工夫しています。

その結果、通常は1泊するだけで8,000円以上かかる地域でも、1日あたり食材費や自然体験費を入れた価格で3,800円ほどに抑えています。

現地に独自のネットワークがあるECOFFだからなせることです。

新しい出会い

ECOFFのプログラムの特徴は、全国から参加者が集うこと、しかもその多くは意識が高い学生なので、1人で参加していることがほとんどです。

そのため、すぐに皆と仲良くなれますし、できるだけ村全体でボランティアができるようにしているため、現地でもさまざまな人と出会うことができます。

リピートでお得

一度でもECOFFのボランティアに参加したことのある方は、次回から3,000円引きの参加費でご参加できます。

何度も同じ地域に行くのも良し、まったく別の地域に行くのも良し。

ECOFFでは国内海外を問わず個性的な場所でプログラムを展開していますし、同じ地域でも時期によって全く異なる体験をできます。1回きりではなく、ぜひ何度もご参加ください。

ECOFFのボランティアのしくみ

1,ボランティアの紹介

ECOFFは複数の地域とパートナーシップをむすんでおり、主として学生の夏休みと春休みの期間にツアー形式のボランティアプログラムを企画・実施しています。

ボランティア活動に興味をもった方は、希望する時期や地域をえらび、ウェブからお申し込みをします。

どの地域もふつうでは行けない離島や、山奥など個性的な場所なのがECOFFのボランティアの特徴です!


2,参加者だけで地域へ行く

参加申し込みをしたあと、参加者はパソコンやスマートフォンからオリエンテーションをいつでも受けられます。

このオリエンテーションを修了することで事前の心構えや注意点について確認できます。

そのため、全国から参加者が集まるのもECOFFの特徴です!

また、参加者だけで行くことによって、参加者の自主性を尊重・育成することができます。

参考:参加までのながれ


3,共同生活しながら村のお手伝いをする

活動をする地域に到着した参加者は、ゲストハウスや公民館などの宿泊施設で共同生活をします。そして、仕事がある農家のもとへ行ってお手伝いをします。

この仕組みだと一般的な農家民泊と異なり、農家の負担を大幅に軽減できます。

同時に、地元に貴重なお金を落とすことにもなり、農作業や集落のお手伝いと合わせて効果的な地域活性化を実現できます。

さらに、一つの農家では仕事が少なくてボランティアを受け入れられないような地域でも、これなら受け入れが可能になります。

参加者はボランティアだけでなく、さまざまな目的をもっている仲間との共同生活からもおおくを学ぶことができます。

サポート

ECOFFは、皆様にリラックスしてボランティアに参加していただけるよう、様々なサポートをいたします。

お申し込みサポート

  • 申し込み前の個別説明【Skype、LINE】
  • 申し込み前の相談【メール、電話】

出発準備サポート

  • しおり(日誌スペース、持ち物リスト、心構え等が記載)【郵送】
  • 現地までのアクセス方法【メール】
  • あなたが行く地域の参考資料【メール】
  • 交通手段の相談【メール、電話】
  • 参加者同士が連絡をとれるLINEグループの作成

滞在中サポート

  • 現地スタッフと現地ボランティアがサポート【現地スタッフ】
  • ECOFF事務局への緊急連絡電話番号【事務局】

終了後サポート

  • 鹿児島での滞在先の紹介【1泊1,800円〜】
  • 村おこしNPO法人ECOFF公認「ボランティア認定証」【現地】
  • 学校での単位認定サポート【実績有り】
  • 移住相談
  • 海外留学、ワーキングホリデー相談【提携NPO】

これまでの参加者数

参加者の評価

総合評価

  • ★★★★★ 73%
  • ★★★★ 22%
  • ★★★ 5%

行った地域の良さ

  • ★★★★★ 69%
  • ★★★★ 24%
  • ★★★ 7%

もう一度参加したい率

  • もう一度参加したい 91%
  • 参加したくない 4%
  • わからない 5%

※2013年度夏期村おこしボランティア参加者アンケートより(回収率83.3%)
「総合評価」と「行った地域の良さ」は5段階評価での回答

参加者の声

宝島での日々は一生忘れません。あっという間だけど濃く毎日笑いあっていました。ずっと大切にしたい仲間とも出会えました。

また宝島に戻ってくるんだろうな、と壮大な自然とゆったりとした島での暮らしの中で思いました。

西方萌さん【宝島】

島は不便でしたが、島民の方々は皆、笑顔で生活されていて厳しい環境の中にも幸せがあり、それを求めて来る人もいると感じました。

滞在中、都会ではできない経験をいくつもでき大変満足です。

八木悠太さん【諏訪之瀬島】

海外ということで最初は不安でしたが、楽しかったし自分の成長に繋がりました。

特に他の国から来たボランティアの方々と交流出来たのが良かったです。

田村佳奈子さん【台湾淡水】

ボランティアツアーが好きで多くのツアーに参加してきましたが 、今回ほど型破りなツアーは初めてでした!

「ベトナム人の普通の生活」を体験できて本当によかったです。

S.M.さん【ベトナム】

さあ、村おこしボランティアに参加しよう。

「村おこしボランティア」は、誰でも地域活性化に参加できるボランティアです。 コース一覧を見る


Shares