ecoff種子島A日程が本日終了いたしました。

初日を思い出せばまだ会話も弾まない4人でしたが、最終日には笑いがたえない4人となりました。

農作業をすることも自分で家事をすることも不慣れであった私たちでしたが毎日毎日それをこなすことによってチームワークも深まり、本当に今日が最後か疑ってしまうほどでした。最初に4人で農家さんのところへ行った時ははじめての人に話しかける勇気もなく、ただ黙々と作業をしていただけでしたが農家さん一人一人と仲良くなりまた種子島に来た時に”おかえり”と言ってもらえる人が参加者一人一人に出来ました。

“また種子島に来たい”参加者全員がこう思ったことがなによりも一番嬉しいことです。

私たちは農業を10日間の間で行ってきました。都会にいたら気づかなかったことも気づくことができ、自分がしたかったことも一人一人ちゃんとできました。

私たち一人一人が農家さんの力になれたということが参加者の喜びでもあります。またこのような活動をしたいなと思ってもらうことができたら私もとても嬉しく思います。

初日にはできなかった時間管理や整理整頓は私たちが将来社会に出て行く際にとても重要なことです。

これを最後にはちゃんとできたということが私たちの一つの成長です。

この成長を参加者は10日間の間でたくさんして来たと思います。

その成長をこれからの生活に生かし、ecoffに参加したことがこれからの人生に生きてくればいいと思います。