今月は、高知県四万十市にお住まいの秋山梢さんにお話をうかがっていました。
今週は「田舎に行きたい!」という人へ、秋山さんからのメッセージをおとどけ。 

今月お話をうかがったのは、四万十市在住の秋山梢さん。
「田舎で働き隊!」の隊員として働くかたわら、ECOFFの活動にも積極的に参加しています。

前回まで、秋山さんとの対談をご紹介しました。
まだお読みでない方は、コチラ(前半)コチラから(後半)お読みください。

今週は、秋山さんからのメッセージをおとどけします。

大切なのは『楽しむ』気持ち!!

四万十在住の秋山梢さん今月の田舎モン! を
読んでいただきありがとうございました。

読んでいただいて、なんか、楽しそうだな~
とだけでも思ってもらえれば嬉しいです。

そう、私が伝えたいのは「楽しむ気持ち!」

きっと私のように都会育ち(笑)で、
何も出来なくて何も知らない。

田舎に興味があって、
行ってはみたいけど、
行くきっかけも踏ん切りもつかない。
という方はいっぱいいると思います。

そしていざ行って、何もできないし、とか。

まじめに考えれば考えるほど、前に進めない~・・。

私も実際に田舎に来て、どうせすぐ帰るだろ~、
ここに住む気もないだろ~と言われることもあります。

最初は自分が今後どうしたいのかもわからないし、
どう答えたらいいかわからなくて、すごく落ち込んだけれど、

「こずえ~、トラクターかけてみるか~」
「山いくか~」
「これ食うか~」

とありがたいことに気をかけてくれるのです。

そのうちなんとなく、この人は自分を嫌いなわけじゃない。と思うようになりました。

なんでそんな、「すぐ帰るだろ~」なんて言うのか、
私なりに(いいように)解釈した結果は、

地元の人ほど田舎で生きていくのは厳しいということを知っていて、
田舎の「イ」の字も何も知らないで飛び込んできたお前に、
ほんとにできるのかと思っている。
でも、来てくれてちょっと嬉しい。(笑)

ということ。

実際に、人にいろいろ教えてもらわないとここでは何もできない。
けれど、できないのは当たり前で、それでいいと思います。

大切なのは、それを楽しいと思って、なんでも学ぶ姿勢だと思います。
これさえあれば、田舎モンになる第1段階はクリアなのではないかと、思います。

まずは楽しむ!
ECOFFのボランティアで田舎を楽しみに来てください♪

ちゃっかり宣伝する、ECOFFスタッフ秋山でした!

(秋山梢)

みなさま、4週にわたっての連載は楽しめましたか?
世のなか色んな方がいらっしゃいます。

このコーナーではこれからも個性的な「田舎モン!」をご紹介していきます!

さて、来月は秋山さんが田舎暮らしの先輩「ロクさん」にインタビュー。
来月も四万十川で暮らす「田舎モン!」のご紹介です。

本文中で紹介されていた「四万十楽舎」について知りたい方は、以下からどうぞ。
http://www.gakusya.info

秋山さんのブログはコチラです!
http://koz0810.blog.fc2.com