📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、感染症についての対策および方針を定めています。詳しくはこちら

村おこしボランティア【江田島コース】の評判

S.S.さん(2022年夏日程)

山羊と過ごす時間が長くて幸せだった。また、世話人の方々は社会と自然のつながりの中で起きているジレンマ、問題に関する深い知識を持っていたため、一つ一つのお話が勉強になった。(海岸のプラスチックごみと牡蠣業者と行政の関係など)

匿名希望(2022年夏日程)

まず、班のみんなと仲良くなれて良かったです。みんなと食事の時間を過ごすのが楽しかったです。ある食材から何を作るのか考えるのが難しかったです。また、人と過ごすことで心があたたかくなることを感じました。森は心が落ち着きました。農業は木を切り、燃やし、様々な過程が行われた上で行われていることが分かりました。とても重労働でした。
思い出はたくさんあります。大きい焚き火をして焼き芋をしたこと。みんなで食べた焼き芋がとてもおいしかったこと。ヤギと触れ合って、ヤギのことを知ったこと。本当にたくさんあります。私はこの活動に参加して良かったです。たくさんの知らなかったことを知りました。人との繋がりこそ大事なのだと思いました。

小寺佳将さん(2022年夏日程)

大学4年になった自分が、学生としてやりたいことに挑戦してみるという思いからこのボランティアに参加しました。このプログラムでは、単に農業の体験をするだけではなく、その土地の風土や文化、人々とのつながり、仲間との絆など言葉では表せないほど濃い貴重な経験をすることができました。慣れない土地での生活はある意味不自由なところもありましたが、逆にその不自由さから利便性を頼りにしすぎていた自分に気づくことができました。今まで過ごしていた生活と異なる生活に順応していく中で、発見や大変さや楽しさをたくさん感じることができました。最初は不安ばかりでしたが参加して本当によかったです。

匿名希望(2022年夏日程)

いろいろな人との出会いを通して、人と関わり合いながら生きていくことの大切さを学びました。島おこしでは、少ししか役には立てなかったと思いますが、作業を終えるごとに感謝の言葉をいただき、人のために行動することのやりがいを感じることができました。このプログラムを通して、自分が大切にしている価値観を見つけることができたので、参加することができて良かったです。

匿名希望(2022年夏日程)

心から参加して良かったと感じました。周囲の人たちにも胸を張ってそう言えます。出会った人全てが本当に素敵な人たちばかりで、実際にした作業(草刈りやヤギのお世話など)は正直体力的にキツかったです笑 しかし、そのしんどさも忘れるくらい仲間と協力しあいながら楽しく取り組めました。参加して後悔したことは一度もありません。

M.W.さん(2022年夏日程)

暑くて辛いと感じるときもあったけど、普段は絶対する機会のない作業を経験できてよかったと感じているし、同年代の仲間と一緒に懸命に作業したことは思い返すと本当に充実した時間でした。作業以外にも、みんなで料理をしたり演奏会をしてみたり、楽しい思い出ばかりです。出会ったばかりの人たちとこんなにも濃い時間を過ごせたこと、そして世話人の方やチームのみんな、伺った農家の方など、たくさんの人と出会い交流できたことが一番の財産であると思います。これからも今回の経験を思い出しては新しく考えることが何度もあるだろうなと想像しわくわくしています。

匿名希望(2022年夏日程)

今回は、貴重な経験をさせていただき、1人でボランティアに参加するということも含めてとても成長できる場となりました。勇気を出して参加してよかったです。

C.I.さん(2022年夏日程)

今回のボランティアを一言で表すなら出会いです。初めは、不安と緊張で初めて出会う仲間と1週間過ごすのはとても難しいと思っていました。しかし、いざ始まると一つ一つの経験が非常に貴重で学ぶことも多く大切にしなければいけないと思うと同時にこの仲間で良かった、この人たちとこのような様々な経験をすることが出来て良かったと思うようになりました。砕けた話も真面目な話もお互いの過去やこれからやりたいこと、将来の夢などたくさんのことを話して一生の友達に出会えたと思います。また、今まであまり得意ではなかった動物との出会いもありました。江田島のヤギさんはみんな凄く可愛くて毎日顔を見に行きたくなる気持ちがとても分かりました。名前を呼ぶと近寄ってきてくれたり、角の間を触ると気持ちよさそうな顔をしていたり、ただただ愛おしい存在で、大変な作業の中での癒しでもありました。

福島健人さん(2022年夏日程)

今回のボランティアを通して、自分は新しい考え方や価値観を手に入れることができました。これは、今後の自分の人生に大きく影響を与えることになると思います。また、コロナ禍によってオンラインでの大学生活が多く、大学での交友関係がどうしても例年と比べると希薄になってしまっている中、この10日間で、かけがえのない仲間ができました。本当に満足できたボランティア活動でした。

K.K.さん(2022年夏日程)

今回このボランティアには友人からの誘いで参加することになり、初めはこの活動自体も知らず、でも学生のうちにできることは挑戦してみようと思い参加しました。活動が始まる前は一緒に参加している人と仲良くできたり、現地の環境に慣れることが出来るか心配でしたが、参加してみると慣れない生活に少し戸惑う部分や疲れる部分があったり、普段しない作業の大変さに心が折れそうになったこともありましたが、終わってみれば1週間があっという間に感じました。自分が思っているよりも自分が環境になれることができるのだなと感じ、新たな自分を知ることができました。そしてこの一週間があっという間に終わったと感じたり、終わって考えてみれば楽しかったと思えたのは一緒に活動した仲間、世話人の方、その他周りの人に恵まれていたからだとわかりました。この活動を通して人との繋がり、出会い、巡り合わせが何事においても大切なのではないかと知ることができました。

匿名希望(2022年夏日程)

まず、楽しすぎました。最初は不安しかありませんでしたが、日をおうごとに10日間がとても短く感じました。

すべての投稿が表示されています 🥳