次回は2021年12月〜2022年3月に開催予定です

村おこしボランティア

江田島コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

江田島コースでは、瀬戸内海の広島湾に位置する人口2万人の島で、ヤギとふれあいながら農地再生や古民家リノベーションを体験できます。

地域

広島県

定員

各日程6名

対象年齢

小学生以上

LGBT

受け入れ側がLGBTに理解を示していることを表します。
居室は、身体的性に合わさせた男女部屋の相部屋となります。
フレンドリー*

ハンディキャップ

難聴などの身体障碍や、精神障碍を抱えている方でも安心してご参加いただけることを表します。 フレンドリー*

参加費

保険の種類を変更した場合は、保険料が追加されます。40,000円*

江田島とは?

都市の対岸にあるオリーブの島

広島は原爆ドームと厳島神社の2つの世界遺産を有する観光地です。

江田島(えたじま)は、瀬戸内海にある離島で、広島市と呉市、そして厳島神社で有名な宮島のちょうど中間にあります。

広島原爆ドームや、呉と江田島にある旧陸海軍遺跡、そして海上自衛隊施設も身近にある江田島は、絶好の平和学習スポットです。

また、呉松山フェリーを使えば道後温泉まで足を延ばすこともできます。

温暖で穏やかな江田島は、花とミカンと牡蠣の産地ですが、近年はオリーブにも力を入れており、欧米の品評会でも複数のタイトルを獲得する実力で今後のオリーブ食文化の発展が期待されています。

もっと詳しく知りたい方は…

都市の対岸にあるオリーブの島

江田島の魅力

田舎の共同生活から、生きる力を学ぶ!

便利な都会暮らしでは必要のなかった焚火の方法や、刃物の使い方。

木、金属、プラスチック等の材質の性質を考慮して、ない物は作るDIY生活。

江田島コースではそんな暮らしが当たり前です。

普段の暮らしでは体験できないことに挑戦して、ワンランク上の生活力を身につけよう!

農地作りのイメージって、クワで土を耕すことだと思っていませんか?

とんでもありません!

昨今の田舎の農地は、荒地を通り越して森に戻っているものも少なくありません。

江田島コースでは、そんな森を伐採し、かつての農地を復元しています。

その過程で出る森林資源も無駄にせず、ヤギの餌や農地の防獣柵へと活用しています。

ゼロからイチ、さらにその先へ、自分の体を動かして作ってみよう!

農地作りをイチから体験!
山羊とミカンの循環農園!

果樹園の草を山羊が食べて山羊の糞を虫が食べる…。

虫の糞を微生物が植物の栄養に変え、別の微生物が植物の根に運ぶ…。

生命たちの循環農園の完成を手伝いたい人を、大募集しています!

ライアー(弦楽器の一種)サークルやカヌー体験。

図書館委員による鈴木三重吉(広島市出身の小説家、児童文学者)の講和や、カンボジアで地雷除去をされていた方からの講和。

毎年3月のミモザ祭りにはスタッフとして参加などなど…。

島の人たちとの交流を通して江田島を感じてください。

地域活動にガッツリ参加できる!
村おこしを、考えよう!

広島市から船で30分で行く人口2万人の大きな島、江田島。

江田島は、田舎の側面と街の側面の両方を持ち合わせています。

ここで島の人や行政に関わる人達の意見を聞くことで、今までになかった村おこしが見えてくるかもしれません。

「エデン島ありがとう祭り」をいっしょに作ろう!

ECOFFボランティアの皆さんのおかげで私たちの宿も畑もだんだん形になってきました。

また他の島民からも「助かりました、来年もお願いします」との声を頂いております。

私たちの感謝の気持ちと、この島の「ありがとう」の気持ちがすくすく育つように思いを込めてささやかなイベントを2月19日~3月13日までの土日で開催します。

このイベントに参加したい!という方は、ぜひE~G日程でスタッフとしてご参加ください。

10年前に途絶えた島のクラッシックレコードコンサートの復活
山羊カフェ サイフォン体験
物々交換と「ありがとう」で支払う、お金が使えないお店
Previous
Next

江田島での主な活動内容

江田島世話人からのメッセージ

村おこしボランティア【江田島コース】世話人の河本さん

世間一般に村おこしと言えば、人口を増やすことを目的として、その手法は子育て支援から企業誘致へとトレンドが移ってきているようです。

しかし、私たちが考える村おこしは人口の増減によらず、自由で健康な生活環境の確立です。

安全な食べ物とエネルギーが持続的に自給でき、誰もが文化的な暮らしが出来ることを目標に事業をしています。

皆様の参加を心からお待ちしています。

河本賢一さん

村おこしボランティア【江田島コース】世話人の河本さん

こんにちは、エデン島(江田島)の常夏ハイジ、きゃんでぃです。

人は便利と引き換えに、心を貧しくしてしまっているような気がします。

自然と動物や虫たちと人とみんな繋がってる、そんな体験をしてみませんか?

人と人のあたたかい繋がりを感じてみませんか?

江田島は広島市内から近く、参加しやすいところです。

そんなこともあり、小学生から社会人、ハンディキャップをもってる人、どなたでも参加できるようにと思っています。

様々な知らない人たちが集まると、最初はたいへんなこともあるかもしれません。

でも、そんな中でいっしょに成長しませんか?

いっしょに笑顔になりませんか?

やぎさんたちと待ってますね☺️

河本若子さん

ECOFF江田島担当からのメッセージ

村おこしボランティア【台湾 澎湖(ポンフー)コース】世話人の宮坂大智

2019年の秋、私は江田島で河本さんご夫婦に初めてお会いしましたが、河本さんとは、元々は鹿児島県トカラ列島の中之島の世話人としてのお付き合いがありました。

完全循環型の生活を目指している河本さんの考え方は、まさに私の理想とするもので、その暮らしの実現を心待ちにしています。

河本さんは、中之島から一緒に引っ越してきたトカラヤギ(トカラ列島の固有種であるヤギ)と共に、江田島という新たなフィールドで最初の一歩を今まさに踏み出しています。

寡黙だけれど途方もなく大きな目標を胸に宿した賢一さん、どんな時でも明るくて周りのみんなを楽しい気持ちにしてくださる若子さん…。

そんなお2人と、都市から近いのに離島の良さをもった魅力的な江田島。こんなに魅力的な活動地はなかなかありません。

ぜひ、あなたも江田島に行ってその魅力を感じ、地域活性化のお手伝いをしてみませんか?

江田島 島インターンからのメッセージ

江田島コース参加者の声

プログラムの満足度

4.7
4.7/5

世話人への満足度

4.7
4.7/5

もう一度、行きたいと思った人

0 %

累計参加者数

0
※2020夏〜2021秋の参加者アンケートより

O.K.さん(2021夏日程)

意外と寒かったことに驚きました。島全体が意外と広いことやヤギを毎日見れる贅沢、オリーブ摘むことの経験など江田島でしか体験できないことができてよかったです。今まで行った島と比較して一番暮らしやすそうな島だと感じました。みんなが5日間いる中一人前日で帰るという日程組んだのはちょっとミスでした(笑)

匿名希望(2021夏日程)

島の暮らしに驚くことばかりでした。島の皆様の優しさや温かさを感じることばかりで、人と人とのつながりの大切さに気付かされました。世話人の河本ご夫婦から、食べ物の大切さを初めとするたくさんのお話を聞かせていたいただき、とても学ぶことが多く自分の考え方やものの捉え方を見直すきっかけになったと感じています。
村のために自身にできることは微力だったと思いますが、今後も自分に出来ることを探し続けたいと思います。

島にとけこむ、旅をしよう。
瀬戸内海の島で、ヤギのお世話をしたり古民家リノベーションをして、島おこしに貢献しよう!

詳細情報

+マークを選択すると、より詳しい情報をご覧になれます

場所 江田島

広島県江田島市

日程
A日程:2021年12月24日(金)〜12月30日(木)【6泊7日】(0名申込済み/定員6名 受付終了
B日程:2022年1月2日(日)〜1月8日(土)【6泊7日】(2名申込済み/定員6名 受付終了
C日程:2022年2月1日(火)〜2月7日(月)【6泊7日】(2名申込済み/定員6名 募集中
D日程:2022年2月9日(水)〜2月15日(火)【6泊7日】(7名申込済み/定員6名 キャンセル待ち
E日程:2022年2月17日(木)〜2月23日(水)【6泊7日】(5名申込済み/定員6名 残りわずか
F日程:2022年2月25日(金)〜3月3日(木)【6泊7日】(6名申込済み/定員6名 キャンセル待ち
G日程:2022年3月11日(金)〜3月17日(木)【6泊7日】(7名申込済み/定員6名 キャンセル待ち
H日程:2022年3月20日(日)〜3月26日(土)【6泊7日】(8名申込済み/定員6名 キャンセル待ち
I日程:2022年3月27日(日)〜4月2日(土)【6泊7日】(1名申込済み/定員6名 募集中

※締め切りは、各日程出発日の1週間前です。

最新情報の受け取りを希望される方は、先行登録をしてお待ちください。
参加費

参加費に含まれるもの:食費・各種経費・保険料・寄付
参加費以外に必要なもの:現地(江田島)までの往復の交通費・個人的な費用

お申し込みの前に【参加費について】を必ずご覧ください。

参加対象者

以下ひとつでも当てはまる方には、特にオススメのプログラムです👍

  • 自然との共存に興味がある
  • 体力に自信がある
  • 器用
  • 献立上手
  • 今までの自分から一歩前進したい

※参加に不安のある方は、まずはご相談ください。なお、世話人の判断により参加をお断りする場合もございますのでご了承ください。

  • 農業ボランティア
  • 山羊の飼養
  • 荒廃農地の再生
  • 竹林や森の間伐
  • 井戸掘りと家屋の修繕もあるかも 他

※ここに記載されているものは一例です。活動内容は天候や状況により変化しますので、これらの体験ができることを保証するものではありません。

  • 島での生活体験
  • 第二のふるさと
  • 志を共にする仲間
  • 有畜農業の知識
  • 現場対応力 他

※ここに記載されているものを得られるかどうかは、参加者次第です。

  • 初日
    • 9:15 「広島宇品港」集合(夜行バスや前泊すればちょうど良い時間です!)
    • 9:45 フェリーで江田島へ出発
    • 10:14 江田島で世話人と合流
    • 10:30 オリエンテーション
    • 11:00 食料品店案内
    • 17:00 入浴
    • 18:30 食事の準備
    • 19:30 夕飯
    • 21:00 就寝
    • ※事情があって9:15に集合できない場合は、事前にご相談いただければ遅れての到着でも問題ございません。
  • ボランティア中
    • 5:00 起床
    • 6:00 朝食の準備
    • 7:00 朝食
    • 8:00~12:00 午前の作業(移動時間、昼食準備等含む)
    • 12:00 昼食
    • 13:00~17:00 午後の作業(移動時間等含む)
    • 21:00 就寝
  •  最終日
    • 5:00 起床
    • 6:00 朝食の準備
    • 7:00 朝食
    • 8:00~9:30 午前の作業
    • 11:00 昼食準備
    • 12:00 昼食
    • 13:30 終了証授与
    • 14:24 フェリーで江田島を出港
    • 14:54 広島港ターミナル到着・解散

※上記のスケジュールは、現地の天候や作業の進行状況などに応じて変化いたしますので、あくまでも参考程度にお考えください。せっかく離島に行くのですから、細かいスケジュールは気にせず島の時間を堪能しましょう。

※上記スケジュールはあくまでも参考です。実際の時刻表等は事前にご自身でもご確認ください。

特別な持ち物は、軍手・作業着・長靴の3点セットです。

なお、これらの物は作業内容によっては不要な場合もございます。

ですが、無いと作業ができない場合があるため、出発前に準備するようにしましょう。

  • 軍手:100円ショップや現地で購入できますが、手のひら前面にゴムが貼られているタイプがオススメです。
  • 長靴:折りたたんでコンパクトにできる長靴をオススメしています。
  • 作業着:作業着は、特別に買わなくてもジャージなど、動きやすくて汚れてもいいものであれば何でも大丈夫です。

その他、持っていったほうがいい持ち物に関しては、持ち物リスト(PDF)をご覧ください。なお、参加者には同様の持ち物リストが記載されている「ボランティアブック」を郵送いたします。

下記リンクから参加者にお送りする資料の一部をご覧になれます。

「ボランティアブック」以外は、資源の消費を抑えるため、メールでPDFファイルとしてお送りしております。

また、ボランティアブックは全コース共通の内容ですのでご了承ください。

悪天候の場合、交通機関の出発が遅れたり欠航・運休になることがあります。

そのため、江田島滞在後のスケジュールには十分余裕をもってください。ECOFFは参加者が予定通りに帰宅できなかった場合に被った不利益については一切関与できません。ご理解をよろしくお願いいたします。

出発日の交通機関が欠航・運休した場合

終了日は変わらずに日程を短縮して実施いたします。短縮された分の参加費は1日たり5,000円を現地にて現金でご返金いたします。

最終日の交通機関が欠航・運休した場合

この場合は、終了日が延長されます。現地世話人が予算内で準備した食材が不足した場合、食材費の追加費用が必要な場合がございます。その場合の追加費用は現地にてお支払い下さい。

保険:村おこしNPO法人ECOFFが一括し損保ジャパンの国内旅行保険に加入いたします。

現地協力団体および現地世話人: 現地では、主として次の世話人が村おこしNPO法人ECOFFの定めるガイドラインにのっとって安全管理を行います。

  • 河本賢一さん
  • 河本若子さん
ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。 重要な事項が記載されておりますので、お申し込み前に必ずご確認ください。 2021年度10月以降における新型コロナウイルス感染症についてのECOFFの対策および方針について また、感染拡大防止のため、出発日の2週間前からは不要不急の外出はご遠慮ください。 不要不急の外出をされたことが発覚した場合、プログラム開始後でも、その場でご帰宅いただくことがございます。その際には参加費の返金は致しかねますのでご了承ください。 感染状況によっては、事前に自費でPCR検査を受けていただき、陰性証明をしていただく場合がございます。 詳しくは申込後に個別にご連絡いたします。

本ページ内の「参加する」ボタンまたは「このボランティアに参加する」ボタンを選択し、画面の指示にしたがってお申し込みください。

※定員に達していても、キャンセル待ちでのお申し込みが可能です。

お申し込みから参加までのながれについてもっと知る

宿泊場所

名称:たいけん民宿トカランド

    基本情報:

  • 世話人宅
  • 男女別の相部屋
  • 管理人
  • 活動期間中全面禁煙
    設備:

  • 寝具一式
  • 冷房(一部の部屋のみ)
  • 暖房
  • 扇風機
  • 浴室(シャワーのみ)
  • ドライヤー
  • バスタオル
  • シャンプー・リンス・ボディソープ
  • ハンガー
  • 洗濯機
  • 乾燥機
    食事:

  • 自炊
  • 共有キッチン
  • 食材
  • 調味料
    インターネット環境:

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 楽天
  • WiFi
    徒歩圏内の施設:

  • 個人商店
  • コンビニ
  • スーパー
  • 自動販売機