📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

村おこしボランティア
屋久島コース

次回は2022年8〜9月に実施予定です
村おこしボランティア

屋久島コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

日本で初めて世界自然遺産に登録された屋久島。その名前を知る人は多いと思います。

しかし、屋久島で暮らす人々の日々を知っている方は、どれだけいらっしゃるでしょうか?

屋久島コースに参加して、屋久島のリアルに目を向け、肌で感じ、大切な何かを見つけましょう。

    • 地域:鹿児島県
    • 定員:各日程6名
    • 対象年齢:20代程度の体力があればどなたでも
    • 参加費:未定
    • LGBTフレンドリー
    • ハンディキャップ フレンドリー
    • ※本コースは、LGBTに理解を示しています。部屋は身体的性に合わせた男女別の相部屋となります。

      ※本コースは、難聴などの身体障がいや精神障がいを抱えている方でも、安心してご参加いただけます。

屋久島とは?

屋久島=縄文杉?もののけ姫?

「屋久島」と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか? 世界遺産? 縄文杉? ジブリが好きな方でしたらもののけ姫でしょうか??

もちろん縄文杉や、もののけ姫の舞台になった“苔むす森”がある白谷雲水峡トレッキングは屋久島観光の代表的存在であり、これらを目当てに屋久島を訪れる方も多いです。

しかしながら、屋久島には山や森だけではなく、海や川や多種多様な生物、さらには生活を営み暮らす人々がいることにも目を向け、知っていただきたいのです。

屋久島町は、屋久島と、その西北西約12kmにある口永良部島の2島からなっています。

総面積は540.48平方km、内93%を占める屋久島は周囲132kmの円形の島です。

九州最高峰の宮之浦岳(1,936m)を筆頭に、標高1,000m以上 の山が45座以上あります。

貴重な自然環境・自然資源が世界的な評価を受け、我が国で最初の世界自然遺産に登録されました。

多量な雨が特徴的で、年間平均降水量は平地で約4,500mm(山間部は8,000~10,000mm)で、その半分近くが5月から8月に集中します。

気候は亜熱帯ですが、標高差により亜熱帯から冷温帯の植生分布が見られます。

参考:屋久島町の概要

村おこしボランティア【屋久島コース】

屋久島コースの魅力

村おこしボランティア【屋久島コース】
温暖な海辺の地で、大地の恵みを感じよう

場所により気候が大きく異なる屋久島。

島の南部は島内の中でも農業が盛んな地域です。

陽当たりの良い海辺の開けた地で、様々な作物が栽培されています。

特に、ポンカンやタンカンといった柑橘類、ジャガイモや豆類の生産が盛ん。

夏の時期は、枝木の選定や台風への備えなど管理作業が中心となります。

(コロナ禍の状況にもよりますが)地域活動のお手伝いもあります。

自然や地域の人達と触れ合い、屋久島の恵みを感じ受け取ってみてください。

集落の特色を知り、自分に何ができるか考えよう

屋久島には24の集落があります。集落ごとに特色があり、同じ屋久島といえど、カラーも気候も異なります。

道路が整備されていなかった頃は、各集落が暮らしの基本的な単位で、隣の集落へ船に乗らないといけない所などもありました。

道路が整備された現在も、それぞれの集落独自の文化が残っており、行事なども集落単位で行われています。

まずは体験先や滞在先の集落について、何があるのか、どんな文化があるのか知りましょう。

その上で「今の自分に、これからの自分にできることは何か?」を体験を通じて多角的な視点から考え、見つけていきましょう。

村おこしボランティア【屋久島コース】
村おこしボランティア【屋久島コース】
豊かな自然とふれあいながら、屋久島を綺麗に…

皆さんが普段暮らしている街は、綺麗ですか? それともあまり綺麗ではないですか?

どんなに綺麗な街であっても、美しい場所であっても、そのままにしていれば落ち葉など自然に還るものや人工的なゴミを含め、必然的に汚れていきます。

毎朝、落ち葉掃きをしてくださる人、ゴミ拾いをしてくださる人がいるから、その美しさが保たれているのです。

ゴミ拾いやビーチクリーニングに参加すれば、そんな目には見えない出来事にも心を傾けられるような自分になれるでしょう。

屋久島の大自然を存分に味わいながら、島も、そしてあなたの心も、より綺麗にしてみませんか?

屋久島コースでの主な活動内容

屋久島コース世話人からのメッセージ

阪根充(さかね みつる)さん【屋久島サウスビレッジ オーナー】

私は屋久島に移住して15年以上となりますが、毎日移り変わる自然に日々心洗われながら暮らしています。

1日として同じ姿を見せることはない自然。それは我々人間も同じ。

屋久島で日々暮らし、地球の鼓動に耳を傾け、共鳴していると、様々なしがらみから解放され、真の自分、新たな自分になることができます。

屋久島は日本で初めて世界自然遺産に登録され、縄文杉など観光地として有名な島だと思われがちかもしれません。

しかしながら、屋久島は近年人口減少が続いています。

そんな屋久島には、若い力が必要です!

屋久島の未来を救うためにも、島おこしという志をもつあなたのご参加をお待ちしています!

村おこしボランティア【屋久島コース】世話人の吉浦さん

吉浦ちえり さん【屋久島サウスビレッジ スタッフ】

こんにちは! 私は2021年の9月に東京から屋久島に移住してきました!

屋久島では毎日新しい発見や温かい人々に巡り会えており、充実した日々を過ごしております。

屋久島は山もあれば川もあれば海もあり。。。多くの自然に囲まれております。

日々自然は変化もあり、本当に見るたび心が洗われリフレッシュできます!

私自身は屋久島に来て、自分を大切に出来るようになりました!

自然を見ながら物思いに耽ってみたり、いろんな人に出逢って人生の価値観が広がったり、、

世界遺産もあるので観光地として有名な屋久島ですが、実は「くらし」を充実させることが出来る素晴らしい場所なのだ! と私自身感じております!

そして今はこの素敵な屋久島の為に何が出来るか、模索中でございます。

Ecoffの活動を通じて、島おこしを行ってみたい方は勿論、屋久島での「くらし」を体感したい方も、大歓迎です!! ご参加お待ちしております!

屋久島コース参加者の声

プログラムの満足度

5
5/5

世話人への満足度

4.7
4.7/5

もう一度、行きたいと思った人

0 %

累計参加者数

0
※2020春〜2021夏の参加者アンケートより

匿名希望(2022春日程)

とても充実した10日間を過ごせました。農業の大変さを再実感したり、今まで気づかなかったことに気づいたり、最初は縄文杉しか知らなかった屋久島の魅力を知ることができたり、新しい価値観と人との出会いがあったりと毎日が刺激的でした。

自分の住む都会とは違い、人との関わりの深さからくる温かさや自然とのかかわりのある屋久島をとても魅力的に感じました。世話人の方も、受け入れてくれた農家の方々もとても良くしてくださいました。また必ず訪れたいです。

匿名希望(2022春日程)

今回のボランティアを通して、農業への興味が湧いたのはもちろんのこと、屋久島で生活する方々のお話を伺って刺激を受けることが多かったです。普段何気なく生活している時では考えない、環境問題や高齢化社会のこと、自分の将来のことなどを深く考えるきっかけになりました。
また、一緒に参加した仲間たちとの交流を深められたことがとても嬉しかったです。

N.H.さん(2020春日程)

私が今回の活動に参加した理由は、もともと農業体験に興味があったのと、春から公務員として働く上で、島国である日本をもっと知りたいと思ったからでした。実際10日間過ごしてみて、離島で暮らすメリットやこれからの課題、農業のやりがいや現状など、様々な知見を得ることができました。それらを自分がどう今後に活かせるのか、まだまとまりきっていませんが、じっくり考えていく必要があると思っています。
 ところで、自らの目的とはちょっと違う部分で、人の温かみや人間らしい生活の重要性がとても印象に残りました。
 お世話になった農家の方々は、お手伝いと称し仕事にお邪魔した私たちに、とても関心を持って接していただき、あるいは私たちが知りたいことについて丁寧に教えてくださいました。外から来た自分たちを受け入れてくれているのだ、という島のみなさんの雰囲気が、すごく嬉しかったです。また作業の中で、農家の方々が支え合って暮らしている姿を目の当たりにしました。農業という大変な仕事だからこそ、日々のコミュニケーションにより助け合える関係を築くことが大事なのだと実感し、人と人との温もりを感じる日々でした。
 同時に、働き方、暮らし方について気付かされる10日間でもありました。新鮮だったのが、作業の合間に必ずある10時、15時のおやつです。この時間が、働く活力を補給し、かつ人々の交流の場として機能することで、結果的に仕事の効率を向上していました。またある農家さんの、仕事はその日の分が終わったら時間が残ってても帰り、お手伝いさんにはお金を満額支払う、これが仕事を続けていく上で大事なのだというお話が、すごく記憶に残っています。疲れたら休む、仕事にメリハリをつけるという当たり前のことを、忙しない都会の暮らしの中で私たちは忘れてしまったのかなと痛感しました。加えて、自然豊かな屋久島で暮らし、美味しいご飯を食べ、太陽を浴びながら働くという人間らしい生活により、こんなにも心身が満たされるのだということを知ることができました。特に、裸足で大地を踏みしめじゃがいも掘りをした経験は、一生忘れないと思います。自然と一体化した生活が人間に与える影響を、身をもって理解することができました。
 これらの経験から、今回の活動での最も大きな収穫は、社会人になる前に、自分が想像していたライフスタイルは良かったのか、立ち止まり考える機会を得たことだと思います。都会の暮らしを比較して、いかに今までの生活がドライで均質化されていた環境だったのか、たったの10日間ですが実感しましたし、バリバリ働くつもりでいた自分に、いい意味でブレーキがかかったと思います。屋久島の方々ともっとお話してみたかったです。このままもう少し滞在したいなあと、本当に名残惜しくなりました。これから働き始めても、屋久島での生活を忘れずに生きていきたいし、何度も島に遊びに来ようと思います。
 最後に、村おこしボランティアとして私が出来ることを考えてみようと思います。最近の人々の動きとして、趣味などで自然との触れ合いを求める傾向があるように思われます。私が活動で感じたことを、同じように考えている人は実は多いのではないでしょうか。実際、周囲に村おこしボランティアの話をすると、関心を持つ人は意外にいます。そうした人たちに、島での経験やECOFFの活動を話し、暮らしを考えることが、ひいては移住へと繋がっていくような気がします。そうでなくても、屋久島には一度行ってみてほしいので、島の魅力をどんどん伝えていきたいです!
 活動に携わっていただいた全ての方々、本当にありがとうございました。

M.I.さん(2022春日程)

毎日が充実していて、地域の人との繋がりや旅人との繋がり、実際に農業体験することで、得られる知識や学びがありました。参加して本当によかったです。