📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

村おこしボランティア
然別湖コタンコース

毎年12月〜3月に実施します
村おこしボランティア

然別湖コタンコース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

北海道でもっとも高い場所にある「然別湖(しかりべつこ)」。

冬が訪れると、結氷した湖には幻の村「然別湖コタン」が姿を現します。

実はこの村、40年以上の歴史を誇る冬だけのイベントで作られるものです。

然別湖コタンコースでは、雪と氷を使った建物を建設したり、イベント運営のお手伝いをすることで、幻の村づくりに参加できます!

    • 地域:北海道
    • 定員:各日程6〜8名
    • 対象年齢:18歳〜49歳
    • 参加費:38000
    • LGBTフレンドリー
    • ※本コースは、LGBTに理解を示しています。部屋は身体的性に合わせた男女別の相部屋となります。

村おこしNPO法人ECOFFロゴ

村おこしNPO法人ECOFF x ANAあきんど株式会社

コラボ企画

然別湖コタンとは?

北海道のほぼ中央、大雪山国立公園の中。

「然別湖(しかりべつこ)」は、標高約800mの北海道内最高標高にある湖です。

12月下旬には完全に湖上が氷で覆われ、この完全結氷した湖上に冬の間だけ幻の村「しかりべつ湖コタン」が現れます。

1月から3月までの、わずか1ヶ月半。神秘的で幻想的な雪と氷の世界を体験できます。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのウェブサイトもご覧ください!

村おこしボランティア【然別湖コタンコース】の舞台となる北海道然別湖の全景

然別湖コタンコースの魅力

村おこしボランティア【然別湖コタンコース】で建設するアイスバー
冬だからこその、大自然との共生。

しかりべつ湖コタンは、ここにある雪と水と氷を使って作り出され、春には湖に帰っていきます。

建物に骨組みなどは入っていません。寒くなければ作り出せない村なのです。

作業中は極寒ですが、汗をかくほどの作業です。決して楽な作業ではありませんが、作り上げた時には何とも言えない達成感があります。

12月から1月の建設作業に参加するといろんな発見や気づきがあります。

2月から3月の運営では、いろんなところから来る最多4万人のお客様に、この村の魅力を伝えていく楽しいお仕事を体験できます。

北海道の、すばらしい自然環境。

標高800mに位置するため、夏は気温が30度を超す日もある一方、真冬の朝にはマイナス30度を記録することもあります。

他の場所では体験できない極寒の自然を私たちは楽しんでいます。

サンピラー(太陽が光の柱のように見える現象)や、ダイヤモンドダスト(空気中の水蒸気がきらきらと輝いて降ったり漂う現象)は、寒い朝ならではの景色です。

然別湖は星の棲む湖とも呼ばれています。

夜に人工の明かりが届かない場所まで行けば、満天の星空を見ることができます。

村おこしボランティア【然別湖コタンコース】で建設するイグルーからの星空
村おこしボランティア【然別湖コタンコース】での活動のイメージ
地域の人たちとの交流

然別湖コタンがある鹿追町は、人口約5,300人の小さな町です。

しかりべつ湖コタンは最初は町の若者たちが遊びで始めました。

お酒を飲む場所を作りたいね、温泉に入れたらいいね、という思いから始まっています。

地元の人たちが大事に続けてここまで大きくなったイベントです。

このイベントがきっかけとなり、鹿追町に移住した人も多くいます。

建設するのはほとんどが地元の住民です。作業中にも地元のいろんな話が聞けます。

来場者にも地元の人が多くいますので、いろんな場面で地域の人たちと交流できます。

村おこしNPO法人ECOFF x ANAあきんど株式会社 コラボ企画

このたびECOFFは、然別湖コタンコースにおいて、ANAあきんど株式会社(ANAグループ)と協力することになりました。

ECOFFでは学生ボランティアを募集し、ANAあきんどではANAグループ社員からボランティアを募集する体制を構築することで、然別湖コタンを開村させ、鹿追町の関係人口増加に貢献します。

各日程には、ECOFFからの参加者だけではなく、ANAグループの社員さんもいます。

普段は関われない社会人と協力してボランティア活動ができるのも、然別湖コタンコースならではの魅力です。

然別湖コタンコースでの主な活動内容

然別湖コタンコース世話人からのメッセージ

村おこしボランティア【然別湖コタンコース】の世話人、谷澤陽子さん

谷澤陽子さん(然別湖コタン実行委員会 会計担当)

実は私も20年前の然別湖コタンのボランティアの経験から鹿追に移住し、現在は然別湖ネイチャーセンターに勤務しています。

もうすっかり地元の人ですが、生まれは九州宮崎で、然別湖からすると年中真夏のような場所で育ちました。

だからこそ、この四季がはっきりした北海道の生活が新鮮で、移住しました。

結婚式もコタン内で挙げ、今では子供3人もコタンが大好きで、家族でコタンを楽しんでいます。

ここで過ごす10日間はきっと楽しい思い出になると思います。心から楽しんで欲しいです。

村おこしボランティア【然別湖コタンコース】の世話人、石川昇司さん

石川昇司さん(然別湖コタン実行委員会 副実行委員長)

然別湖コタンに携わって30年になります。

普段は然別湖ネイチャーセンターのチーフマネージャーです。

鹿追町の隣町上士幌町出身です。

夏は釣り、キャンプ、登山、カヌーを楽しみ、冬はスキーやスノーシューで遊ぶ。そんな生活です。

不便な場所ですが、その分楽しみもたくさんあります。

ぜひ体験してみてください。