📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

村おこしボランティア【奥尻島コース】の評判

K.N.さん(2022春日程)

10日間で多くの発見、学びがありました。しかしそれは常にアンテナを張っていなければ見つけることはできません。当たり前を当たり前だと思わない、自分で考え、意識することの大切さを学びました。また、奥尻島で出会った多くの人から温かさを感じました。奥尻島のプログラムに参加し、人と人を繋げてくださり、「縁」というものの大切さにも気が付かされました。

S.H.さん(2022春日程)

私は今回、同じコースで2回目の参加でした。
まずはじめに、この10日間を一言で表せば、”行ってよかった”ということです。
2回目で、しかも同じ春にいくということで、前回よりも学ぶことが少なくなるのではないかと心配していました。しかし、期待していた(前回行って得ることが出来たことの)2倍、3倍と得るものがあったように思います。
今回は、前回よりも関わることができた人が増えたということに気づき、非常に嬉しい思いと共に、世話人のゆうとさんがそれだけ信用を築き、私たちにその方々と交流する機会を提供してくださっているということを実感しました。

奥尻島では、普段私たちが持っている自然への感覚、レイチェル・カーソンの言葉を借りれば、”センス・オブ・ワンダー”を磨くことが出来る場所であると思います。つまり、普段の生活では当たり前として忘れてしまうことに目を向けて、それを奇跡として感じることができる場所で、それを手伝ってくれる人たちがいる場所であると思います。
そんな素敵な場所で、自分なりのセンス・オブ・ワンダーを磨き、思い出すことができて、本当に参加して良かったと感じています。

中島千春さん(2022春日程)

人との繋がり、縁を強く感じることができた10日間でした。ボランティアという形で奥尻島に訪れましたが、むしろ私が島の方々に助けられて沢山のことを学ばせていただきました。
奥尻島で過ごした10日間は一生記憶に残り続け、間違いなく私にとって人生の大きなきっかけになると思います。勇気を出してこのプログラムに参加して本当によかったです。奥尻島に学んだことを心に刻み、これからも頑張ります。
温かく迎え入れてくださった島の皆さん、ゆうとさん、イマココファミリーのみなさん本当にありがとうございました。また絶対奥尻島行きます!

米山日菜さん(2022春日程)

正直、奥尻島に行くまで10日間楽しいと思える毎日になるかすごく心配でしたが、実際に行ってしまえば、すごく楽しくて出会える方もいい人で、行く場所も全て良く毎日心の底から楽しめました。

龍華英霞さん(2022春日程)

私自身はじめての長期派遣でした。
現地では都会にはない豊かさや穏やかさ、そして類のない地域の方々の暖かさがありました。この10日間で発見した奇跡や有難さを後輩に受け継いでいきたいです。

A.N.さん(2022春日程)

コロナで失われた対面の機会、それが持つ意味が分からなかった分、苦痛に思うことは少なかったけれどどこか物足りない思いがありました。今回奥尻島の派遣を通してそれが人と触れ合うことの大切さなことだったのだと気付きました。このような状況下で開催する意味はふれあいにあるし、それで救われる学生が多いのではないかと思いました。また参加したいし、人にも勧めたいと思います!

M.S.さん(2022春日程)

とにかくやり切った感、満足感があった。スケジュールにもゆとりがあることで最終日まで楽しむことができた

匿名希望(2022春日程)

一般の学生では体験できないようなことをたくさんして、世話人の大事な知り合いたちを紹介していただいて、10人で共同生活をして色々なことを吸収できたのと同時に豊かな自然に囲まれて生活できてとても充実度が高かった。

匿名希望(2022春日程)

仲間や世話人、現地の方との交流で新しい考えや価値観を学び、景色を楽しみ、触れ合う‥一生心に残る思い出になりました。かけがえの無い10日間を過ごすことができました。

M.I.さん(2022春日程)

まずは本当に参加してよかったと思います。植物から生き方を学んだり、島民のあたたかさに触れたりできて自分の価値観を見つめ直すことができました。一緒に参加したメンバーには一人一人個性があり、みんなで助け合いながら生活できた10日間だったなと思います。感謝しかないです。

すべての投稿が表示されています 🥳