📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、感染症についての対策および方針を定めています。詳しくはこちら

奥尻島コース参加者から世話人へのお礼

匿名希望(2022年夏日程)

短い間でしたが、大変お世話になりました。活動終了後、個別にメッセージをお送りしましたので、そちらに代えさせていただきます。現在、10日間の経験から得た学びや感じたことをまとめておりますので、どこかで公開し、よりたくさんの方々にお伝えできればと思っております。今後ともよろしくお願いいたします!

匿名希望(2022年夏日程)

ゆいです。10日間本当にありがとうございました。ゲストハウスの皆さんには本当にお世話になりました。雄斗さんの言葉はどれも気持ちがこもっていて心に響きました。私は将来こうなりたい!っていう目標が無いのですが、奥尻島に行ってみて将来は幸せを共創できるような場所にいたいなっていうボンヤリとした理想?のようなものが見えてきました。10日間は本当にあっという間でしたが間違いなく心のお守りになりました。これから辛いことも待ち受けてると思いますが、奥尻島の日々を思い出して耐えて乗り越えて行きたいなと強く思います。また会いに行きます!

佐藤一徹さん(2022年夏日程)

本当にこのプログラムに参加して良かったです!またimacocoに帰ります。今回の振り返りもnoteやSNSで発信したいと思います。

匿名希望(2022年夏日程)

10日間お世話になりました。今まで海や山から離れた場所で暮らしていた為、奥尻島で過ごした毎日が感動の連続でした。活動中は言う機会がなかったのですが実は今回のECOFFに参加した理由の一つは自分の将来について迷っているということがありました。今進んでいる道が正しいのか、妥協しているのではないか、中途半端な気持ちで勉強するのは自分や周りにとって良くないのではないか、などと悩んでいる時に偶然この活動を見つけ何か変わるきっかけになればいいな、と思ったことも参加した理由の一つでした。自分の正直な気持ちを人前で話しづらくなる性格があるため自分の将来像がぼやけてしまいそれを言い訳に努力を疎かにしてしまっていた部分がありました。それでも今回の活動を通して、迷ってもいいし、寄り道をしてもいい、自分の人生を生き急がなくてもいいということを沢山話してくださったおかげで自分がもしこれから違う道を進みたいと思ったとしてもそれを肯定してあげることができるような気持ちになりました。この先のまだ長い人生を自分色に染めていけるようにアクセルとブレーキの調節に気をつけながらどんどん寄り道や回り道、時には止まってみながら周りの人や新たに出会った人との関わりを大切にして動いてみるのが私らしいのではないかと納得できるようになりました。
今回はこのような機会をいただけて本当によかったです。今度は自分の家族や友人などを連れてimacocoにただいまを言いに行けたらいいなと思っています。10日間ありがとうございました。

西脇 辰仁さん(2022年夏日程)

当たり前が当たり前じゃないことをあれほど意識している人には今まで会ったことがありません。ゆうとさんのような大人になりたいと心から思いました!有難うございます!

檜田唯奈さん(2022年夏日程)

ゆうとさん一年以内にまたお会いしましょう!また成長した姿をお見せできるよう、一歩一歩頑張ります💪🏻!

K.N.さん(2022春日程)

10日間ありがとうございました。まずは、コロナ禍にも関わらず受け入れて下さったことに感謝申し上げます。
ゆうとさんが作り上げたプログラムの一つひとつには意味があり、ゆうとさんの熱意が肌で感じ取れました。だからこそ後輩に来て欲しい、Eddyで引き継ぎたいと思います。ゆうとさんが10日間真摯に向き合って下さったからこそ、学ぶことも多くあり、忘れられない10日間になりました。またお会いできる日を楽しみにしています。10日間ありがとうございました。

S.H.さん(2022春日程)

ゆうとさん、10日間ありがとうございました。
2回目で、同じ時期にECOFFを利用して奥尻島に行くということは、あまりないと思うので、ゆうとさんにプレッシャーを与えてしまっているのではないかと行く前から心配していました。
もちろん、そのようなプレッシャーはあったと思いますが、その上で10日間の活動をたくさん考えて下さり、感動の体験をさせてくださって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
2回目は、1回目よりも学びが少ないのではないかなと心配していましたが、1回目よりも倍か、それ以上に奥尻島の魅力に気づくことができた上に、自分について、そして自分の将来についてもよく考えることができたように思います。
これは、ゆうとさんがずっと前から私たちのために準備してくださっていたからだと思います。本当にありがとうございました。
今回は去年とは違って、先輩について行くのではなく、後輩をつれていくという立場で、私自身もプレッシャーを感じていて、参加するかどうかをギリギリまで悩んでいました。
また、十分にメンバーや後輩に気を遣うことができなかったために、関わってくださった島の方々やゆうとさん、imacocoの皆さんにご迷惑をおかけしたことがあると感じています。
報告会や個人としても、後輩やサークルのメンバーに奥尻島の魅力を伝えられるように頑張っていきたいと思っているので、またEddyの後輩たちを受け入れていただければ嬉しいです。よろしくお願い致します。
10日間、本当にお世話になりました。
そして何度でも奥尻島に訪れたいと思っているので、これからもよろしくお願いします!
報告会も、島の方々を含めて様々な方々に恩返し、恩贈りができるように、メンバーで頑張ってつくりあげていこうと思っているので、楽しみにしていてください。
また会える日を楽しみにしています。
ありがとうございました。

中島千春さん(2022春日程)

10日間本当にお世話になりました。
ゆうとさんの自然と向き合う姿勢から、自然と共に暮らすことへの感謝を学びました。ゆうとさんの島の方々のコミュニケーションから、人との出会い、縁を大切にすることを学びました。ゆうとさんの言葉から、感謝を感じるためには自分のアンテナを日々洗練させる必要があることを学びました。このプログラムを通してここには書ききれないほど沢山のことを吸収させていただきました。
ゆうとさんやイマココファミリーの皆さんの笑顔と温かい人柄が大好きです。
今のご時世の中で、私たちのような東京の大学生を受け入れるということは当然リスクが伴います。それでもわたしたちを受け入れてくださったこと、心から感謝しています。
絶対にまた会いに行きます!愛は奥尻!

龍華英霞さん(2022春日程)

ゆうとさん、かなさん、いっちー、きいちゃん、つむちゃん。10日間大変お世話になりました。誰かのことを考えて思いやってその人のために全力を尽くすことはきっと、私が予想している以上に大変で、労力を要することと思います。しかも10人分の期待を背負うとなるとプレッシャーは計り知れないものだったはずです。それを派遣期間は私たちに一切それを感じさせず常に私たちに意欲的に発見し日常の何かに気付くことの大切さを教えて下さりありがとうございました。ここからの私達10人、そしてEddyの活動に是非期待して下さい。10日間本当にお世話になりました。第二のふるさとになりました。

A.N.さん(2022春日程)

10日間ありがとうございました!
ここではたくさんの出会いと別れがありました。imacocoに来て人生について考える機会がとても多く、これからの人生が変わっていく気がしています。ここで偶然じゃなく必然として出会えた縁と巡り合えて良かったです!
また季節が変わったときに行きます!

すべての投稿が表示されています 🥳