📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、感染症についての対策および方針を定めています。詳しくはこちら

村おこしボランティア
伊豆大島 x 新島コース

次回は2023年2〜3月に実施予定です
村おこしボランティア

伊豆大島 x 新島コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

地球の鼓動を感じることのできる伊豆大島。

コーガ石の魂が織り成す白く明るい新島。

伊豆大島×新島コースでは、10日間に2つの島で活動。

それぞれの島で生きる人々と関わりながら、違いや共通点発掘し学べます。

    • 地域:東京都
    • 定員:8名
    • 対象年齢:18歳〜39歳
    • 参加費:38000
    • LGBTフレンドリー
    • ハンディキャップ フレンドリー
    • ※本コースは、LGBTに理解を示しています。部屋は身体的性に合わせた男女別の相部屋となります。

      ※本コースは、難聴などの身体障がいや精神障がいを抱えている方でも、安心してご参加いただけます。

伊豆大島 x 新島とは?

地球の鼓動と独自の文化が薫る島「伊豆大島」
コーガ石の魂が織り成す、白く明るい「新島」

東京から約120kmの太平洋上に浮かぶ離島、伊豆大島。

人口は約7,400人。伊豆諸島最大規模の島です。

噴火や災害に見舞われながらも、自然と共にしており、独自の深い歴史や文化を持っています。

そして、東京から約150kmの太平洋上に浮かぶ離島、新島(にいじま)。

人口は約2,500人。新島村の行政区の中には、新島と式根島の2つの島が存在しています。

新島の特徴は、島の半分を形成するコーガ石(黒雲母流紋岩)です。

コーガ石は、世界でもイタリアのリパリ島と新島でしか採掘されない貴重な石で、軽く、柔らかく、火に強く、新島の至るところで建材やアートの素材として活用されています。

このコーガ石が削れ、波に揉まれて白い砂となり、特徴的な白い砂浜をつくりあげています。

伊豆大島 x 新島コースの魅力

離島での拠点づくりを経験しよう!

伊豆大島では『伊豆大島クエストハウス』という新しい拠点に滞在しながら、拠点での運営や企画考えることで地域づくりを学べます。

新島では、コーガ石造りの空き家に滞在しながらDIYをしてくことで、空き家再生を学べます。

島の一次産業に触れてみよう!

伊豆諸島には、独自の一次産業があります。

名産の明日葉や島レモン、塩づくりなどの現場に訪問し、一緒に汗を流してお手伝いをします。

その中で、生産者さんとの交流や、島の産業に触れることで、島の文化を学ぶことができます。

ボランティアで訪れる先の方々を取材して記事にしよう!

世話人のいと〜まんは、今年新たに東京諸島のwebメディアを運営する会社を立ち上げました。

せっかく地域の方々にボランティア体験させていただくので、チームに分かれて記事化し、協力してwebメディアへの掲載を目指しましょう!

ライティングの基礎も一緒に学びましょう。

伊豆大島 x 新島コースでの主な活動内容

伊豆大島 x 新島コース世話人からのメッセージ

伊藤奨さん(いと〜まん)【一般社団法人アットアイランド代表理事 / 三宅島ゲストハウス島家オーナー&雑用】

はじめまして!伊豆大島の世話人を務めるいと〜まんと申します。

6年前に起業して三宅島でゲストハウスを立ち上げたり、自然ガイド、子どもたちの自然体験活動、島での創業サポートなどを生業としています。

伊豆大島は、元々幼稚園時代に住んでいた島。この地球の鼓動感じるジオパーク伊豆大島で、「新しい自分を発見」をテーマにした新拠点づくりをしています。

さらに、5年前から縁あって通っている新島でも、空き家を活用した新たな拠点を作っています。

皆さんのパワーを生かして、島に拠点を創りましょう!

経営や起業のことも学べると思いますので、ぜひ「何かチャレンジしたい」と思っている方お待ちしています。

一般社団法人アットアイランド

「東京諸島の個と和が続く島づくり」を理念に2016年に法人化して事業をはじめた島ベンチャーです。

さかのぼると、2008年に東京諸島の高校生が中心となり、島の高校生88名が集まり島の未来を語って交流をした「ドリームプロジェクト」がキッカケでした。

ですので、いい意味で島の壁を壊した同世代で結成されたアットアイランドは多島籍の組織です。

小さい組織ですが、想いを持って取り組んでいます。