📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、感染症についての対策および方針を定めています。詳しくはこちら

村おこしボランティア
別府自然放牧コース

このコースの活動は完了しました
村おこしボランティア

別府自然放牧コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

別府自然放牧コースは、自然放牧を通じて、別府ならではの自然の楽しさや厳しさを肌で感じながら、地域における家畜の役割や食肉の価値などへの理解を深めることができるプログラムです。

    • 地域:大分県
    • 定員:3名
    • 参加費:59,000円
    • LGBTフレンドリー
    • ハンディキャップ フレンドリー
    • ※本コースは、LGBTに理解を示しています。部屋は身体的性に合わせた男女別の相部屋となります。

      ※本コースは、難聴などの身体障がいや精神障がいを抱えている方でも、安心してご参加いただけます。

別府自然放牧について

自然豊かな別府の山で自然放牧

一般的に肉牛は生涯牛舎で育てられますが、別府自然放牧コースでは、牛にとってストレスの少ない自然放牧で育てています。

そのような環境で育てると、健康的な牛のお肉になります。

また、妊娠しづらくなったなどの理由で、手放された母牛も育てています。

そのような母牛は、自然放牧を行うことで、再び子牛を産むこともできるようにもなります。

そして、誰も使わなくなった土地を借りて、できるだけ機械を使わずに、人と牛が力をあわせて牧場をつくっています。

そうすることで、その地がもともと持っている力を最大限に活かすことができます。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのウェブサイトもご覧ください。

別府自然放牧コースの魅力

牛と温泉で心と体をリフレッシュ

ストレスや過労で疲弊してしまった心と体。それをリセットし、乱れた生活習慣を整えるコースです。

ここは何もかも整った牧場ではありません。しかし、母牛が子牛を愛でる姿をぼーっと眺めたり、黙々と竹切りをしたりしてみてください。

そして、別府の温泉につかり、一息ついてみてください。

ここだからできるボランティアを体験してもらえればと思います。

ゼロからの自然放牧の牧場づくり

牛飼いの生活は、朝が早く、夜も体を動かした後でよく眠れるため、規則正しい生活が自然と身につきます。

動物と接することは、癒しの効果があります。

また、適度な運動をすることで、終わった後に爽快感を感じることができます。

英語を学べるシェアハウスでの共同生活

このコースでは、別府市内にあるシェアハウスに宿泊しますので、初めて長期ボランティアに参加される方も安心です。

便利な施設が周辺にあるのはもちろんのこと、別府ならではの温泉も楽しめます。

大家さんがイギリス人のため、牧場でのボランティアが終わった後は、英会話にチャレンジすることもできます。

※男女比によっては、男性は近隣の他のゲストハウス泊になりますが、夕食はシェアハウスでいただく予定です。

別府自然放牧コースでの主な活動内容

別府自然放牧コース世話人からのメッセージ

山地竜馬(宝牧舎株式会社代表取締役)

2007年に鹿児島の小離島、口永良部島への移住がきっかけで、農家からもらった1頭の母牛から、私の牛飼いの人生が始まりました。

畜産という産業は自然環境に大きな負荷を与えているし、家畜という動物は最終的には食肉になるので、あまり良いイメージではないと思います。

「牛を飼うことや肉を食べることは悪」とまで言われています。そんな畜産や家畜の現場、牛や肉の現実を自然放牧を通じて、よりリアルに感じてもらいたいです。

別府自然放牧コース参加者の声

プログラムの満足度

4.4
4.4/5

世話人への満足度

4.3
4.3/5

もう一度、行きたいと思った人

0 %

累計参加者数

0
※2022年3月〜2023年6月の参加者アンケートより

匿名希望(2022年夏日程)

このボランティア活動を通して、多くのことを学び、考えました。
牛の餌の調達や放牧の確保の問題、たとえどんな状況でも雪が積もっても生き物を育てるために動かなからばならないこと、牛の幸せと人間の利益とのバランス、地方の後継者問題、自分自身の生き方。他にも沢山あります。
この学びの一つ一つは、東京にいてスマートフォンで情報を得るだけでは知ることのできなかったことだと思います。数日間でしたが、実際に滞在して活動したからこそわかることは確かにありました。自分にできることは微力だとは思いますが、その土地を誰かに話したり、発信することで、この別府で学んだことを今後の活動に活かしてまいります。

匿名希望(2022年11月)

今回の日程は参加者が1人で、他の参加者とのコミュニケーションが無かったのは寂しかったですが、自分1人だからこそ、世話人の方について行き、様々な仕事をすることができました。さらに、世話人の方と多くの話題についてお話することもできました。自分が疑問に思っていたこともお聞きすることができて、充実した時間を過ごすとが出来ました。1人で知らない土地に行き、その地域の方々と生活することは慣れないこともあり、不安になりますが、必ずこれからの人生の糧になる貴重な5日間であったと思います。ありがとうございました。

匿名希望(2023夏日程)

自分の未熟さや足りないところを実感させられました。自分を見つめ直すきっかけをいただきました。

Y.Y.さん(2022GW日程)

5日間とは思えないくらい充実した、収穫の多い体験になりました。ボランティアとして参加しているはずなのに、自分の方が沢山お世話になって、色々な価値観に触れる事ができて、山地さんの事をもっと応援したいと思うようになりました。そしてこの気持ちが本当のボランティア精神に繋がるのだと感じました。畜産という仕事が自分の将来にどのように影響するかではなく、ここで学んだ事や感じた事が自分の財産になると確信しました。
今回の活動を通して、気付かない内に自分本位で動いていないか?と考える場面が増えました。そして、お互いにメリットのある形にする努力が必要で、その時に相手の価値観を知る事がとても重要だと改めて感じました。
最初、畜産という仕事は自分とは全く無関係だと思っていたけど、実は生活に深く関係していて、もっと理解しないといけないと思った。知らない事は罪じゃないけど、知ろうとしない事は罪だと思いました。