📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

次回は2022年6月実施予定です
村おこしボランティア

別府自然放牧コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

別府自然放牧コースは、別府を中心として、大分県内各地域の耕作放棄地を自然放牧の牧場へと開拓していくプログラムです。

    • 地域:大分県
    • 定員:3名
    • 対象年齢:18歳以上
    • 参加費:20,000円
    • LGBTフレンドリー
    • ハンディキャップ フレンドリー
    • ※本コースは、LGBTに理解を示しています。部屋は身体的性に合わせた男女別の相部屋となります。

      ※本コースは、難聴などの身体障がいや精神障がいを抱えている方でも、安心してご参加いただけます。

別府自然放牧とは?

自然豊かな別府の山で自然放牧

一般的に肉牛は生涯牛舎で育てられますが、別府自然放牧コースでは、牛にとってストレスの少ない自然放牧で育てています。

そのような環境で育てると、健康的な牛のお肉になります。

また、妊娠しづらくなったなどの理由で、手放された母牛も育てています。

そのような母牛は、自然放牧を行うことで、再び子牛を産むこともできるようにもなります。

そして、誰も使わなくなった土地を借りて、できるだけ機械を使わずに、人と牛が力をあわせて牧場をつくっています。

そうすることで、その地がもともと持っている力を最大限に活かすことができます。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのウェブサイトもご覧ください。

別府自然放牧コースの魅力

牛と温泉で心と体をリフレッシュ

ストレスや過労で疲弊してしまった心と体。それをリセットし、乱れた生活習慣を整えるコースです。

ここは何もかも整った牧場ではありません。しかし、母牛が子牛を愛でる姿をぼーっと眺めたり、黙々と竹切りをしたりしてみてください。

そして、別府の温泉につかり、一息ついてみてください。

ここだからできるボランティアを体験してもらえればと思います。

ゼロからの自然放牧の牧場づくり

牛飼いの生活は、朝が早く、夜も体を動かした後でよく眠れるため、規則正しい生活が自然と身につきます。

動物と接することは、癒しの効果があります。

また、適度な運動をすることで、終わった後に爽快感を感じることができます。

英語を学べるシェアハウスでの共同生活

このコースでは、別府市内にあるシェアハウスに宿泊しますので、初めて長期ボランティアに参加される方も安心です。

便利な施設が周辺にあるのはもちろんのこと、別府ならではの温泉も楽しめます。

大家さんがイギリス人のため、牧場でのボランティアが終わった後は、英会話にチャレンジすることもできます。

別府自然放牧コースでの主な活動内容

別府自然放牧コース世話人からのメッセージ

山地竜馬(宝牧舎株式会社代表取締役)

2007年に鹿児島の小離島、口永良部島への移住がきっかけで、農家からもらった1頭の母牛から、私の牛飼いの人生が始まりました。

畜産という産業は自然環境に大きな負荷を与えているし、家畜という動物は最終的には食肉になるので、あまり良いイメージではないと思います。

「牛を飼うことや肉を食べることは悪」とまで言われています。そんな畜産や家畜の現場、牛や肉の現実を自然放牧を通じて、よりリアルに感じてもらいたいです。

別府自然放牧コース参加者の声

プログラムの満足度

4.7
4.7/5

世話人への満足度

4.8
4.8/5

もう一度、行きたいと思った人

0 %

累計参加者数

0
※2022年3月〜5月の参加者アンケートより

匿名希望(2022春日程)

仕事は想像以上に体力的にも精神的にも大変でしたが、今回のボランティア活動を通して確実に体も心も強くなったと思いますし、たくさんの方々と出会えて素敵な思い出ができました。参加してよかったです。ありがとうございました!

Y.Y.さん(2022GW日程)

5日間とは思えないくらい充実した、収穫の多い体験になりました。ボランティアとして参加しているはずなのに、自分の方が沢山お世話になって、色々な価値観に触れる事ができて、山地さんの事をもっと応援したいと思うようになりました。そしてこの気持ちが本当のボランティア精神に繋がるのだと感じました。畜産という仕事が自分の将来にどのように影響するかではなく、ここで学んだ事や感じた事が自分の財産になると確信しました。
今回の活動を通して、気付かない内に自分本位で動いていないか?と考える場面が増えました。そして、お互いにメリットのある形にする努力が必要で、その時に相手の価値観を知る事がとても重要だと改めて感じました。
最初、畜産という仕事は自分とは全く無関係だと思っていたけど、実は生活に深く関係していて、もっと理解しないといけないと思った。知らない事は罪じゃないけど、知ろうとしない事は罪だと思いました。

来住野 竜也さん(2022春日程)

別府と言われると温泉のイメージが強いのではないかと感じますが、その土地を利用して牛の自然放牧をされていることに驚きました。食べ物を購入することが当たり前で消費者側のことしかわからなかったのですが、このボランティアを通して食べ物のありがたみを感じました。このような活動をされている方を全力でサポートできるようなシステムができてくると自分たちにも身近なものになってくるのではないかと感じました!

匿名希望(2022GW日程)

育てる側のことを何も知らなければ、食べものとしての牛肉としてしか見ることができずに、どういう牛肉なのか、しか考えられない人がほとんどなのかも知れないと思いました。私自身もそうだったと思います。
今は、牛や自然放牧についてもっと知りたいと思っています。牛がどんな環境を求めているのか、日本だけに限らなければどんな環境で過ごす牛たちがいるのか、食肉がどこでどのように育てられたのか考えるようになりました。
食べ物に感謝しようとよく言いますし、活動参加前から食にありがとうと思っていましたが、今は「ごめんね、ありがとう」と思います。複雑な気持ちかも知れないですが、これから先も大切にしたい気持ちです。

詳細情報

+マークを選択すると、より詳しい情報をご覧になれます

日程
※毎週木曜日〜月曜日までの4泊5日で実施します。8〜9月は9泊10日の日程で実施予定です。
※締め切りは、各日程開始日の8日前です。

募集人数 3名(最少催行人数1名)

参加費

参加費に含まれるもの:各種経費・保険料・寄付・夕食代
参加費以外に必要なもの:現地までの往復の交通費・個人的な費用・朝と昼の食費

お申し込みの前に【参加費について】を必ずご覧ください。

参加対象者

以下ひとつでも当てはまる方には、特にオススメのプログラムです👍

  • 他ではなく、このコースにどうしても参加したい!という方
  • 自然放牧に興味のある方
  • 地域活性化に興味のある方

※参加に不安のある方は、まずはご相談ください。なお、世話人の判断により参加をお断りする場合もございますのでご了承ください。

  • 畜産ボランティア
  • 牛とのふれあい
  • 耕作放棄地の開墾
  • 毎日温泉で入浴

※ここに記載されているものは一例です。活動内容は天候や状況により変化しますので、これらの体験ができることを保証するものではありません。

  • 生きることの意味
  • 食べることへの感謝
  • 自然との向き合い方

※ここに記載されているものを得られるかどうかは、参加者次第です。

初日

希望者は初日から活動できます! 合流時間についてはお申し込み後にご相談ください。

18:00 Ed’s Share Houseにてオリエンテーション

ボランティア中

7:00 Ed’s Share Houseから牧場へ移動。

7:30 牧場の牛たちを集めます。1頭1頭名前を呼んで飼料を与えながら、体調など確認していきます。

10:00 休憩。竹山で牛を探したり、飼料を運んだりするだけで結構疲れます。

12:00 昼食 各自持ってきた昼食を食べます。

13:00 牧場づくり 竹山の伐採や牧柵の修理など、牛たちが快適に過ごすことができるようにしていきます

15:00 活動終了。Ed’s Share Houseへ移動。別府の温泉にゆっくり入って、疲れを癒せます。夕食はシェアハウスで。体を動かした後のご飯は美味しく感じられます。

最終日

7:00 最後のボランティア活動。

18:00 活動終了後に認定証授与、Ed’s Share Houseに移動して解散。

※ご都合により最終日に活動できない方や、午前中までしか活動に参加できない方は、お早めにお帰りいただくことも可能です。

※上記のスケジュールは、現地の天候や作業の進行状況などに応じて変化いたしますので、あくまでも参考程度にお考えください。せっかくの村おこしボランティアですから、細かいスケジュールは気にせず田舎の時間を堪能しましょう。

大分県「別府駅」より徒歩20分です。

ご出発地よりご都合の良い交通手段をご利用ください。

詳細は、Ed’s sharehouseのウェブサイトをご覧ください。

初日は、集合場所の「Ed’s sharehouse」に18時までにお越しいただくか、それ以前に世話人と合流して活動をするかお選びいただけます。

詳しくは、お申し込み後に世話人とご相談ください。

※上記スケジュールはあくまでも参考です。実際の時刻表等は事前にご自身でもご確認ください。

別府自然放牧で必要な特別な持ち物は次の通りです。

  • 軍手
  • 長靴
  • 作業着
  • レインコート

※持ち物についてご質問がある場合は、お申し込み後に招待されるLINEグループにて、世話人に直接お問合せください。

悪天候の場合、交通機関の出発が遅れたり欠航・運休になることがあります。

そのため、滞在後のスケジュールには十分余裕をもってください。ECOFFは参加者が予定通りに帰宅できなかった場合に被った不利益については一切関与できません。ご理解をよろしくお願いいたします。

出発日の交通機関が欠航・運休した場合

終了日は変わらずに日程を短縮して実施いたします。短縮された分の参加費は1日あたり2,500円を現地にて現金にてご返金いたします。

最終日の交通機関が欠航・運休した場合

この場合は、終了日が延長されます。現地世話人が予算内で準備した食材が不足した場合、食材費の追加費用が必要な場合がございます。その場合の追加費用は現地にてお支払い下さい。

保険:村おこしNPO法人ECOFFが一括し損保ジャパンの国内旅行保険に加入いたします。

また、別府自然放牧世話人はECOFFが定めるガイドラインに従って安全管理を行います。

ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。

重要な事項が記載されておりますので、お申し込み前に必ずご確認ください。

ECOFFのプログラムに関する新型コロナウイルス感染症についての対策および方針(2022年4月以降)

また、感染拡大防止のため、出発日の2週間前からは不要不急の外出はご遠慮ください。

不要不急の外出をされたことが発覚した場合、プログラム開始後でも、その場でご帰宅いただくことがございます。その際には参加費の返金は致しかねますのでご了承ください。

感染状況によっては、プログラム実施の1〜3日前に新型コロナウイルス感染症に関する検査(抗原定性検査、抗原定量検査、PCR検査等)を受け、感染していないこと(陰性)を証明していただく場合がございます。

  1. 本ページ内の「参加する」ボタンまたは「このボランティアに参加する」ボタンを選択し、スライド形式のオリエンテーションをご覧ください。パソコンやスマホでお好きな時間に受けられます。
  2. オリエンテーションを終えると、応募フォームに移動しますので、必要事項を入力してお申し込みください。
  3. 参加可能かどうか、担当者が確認した後、原則1営業日以内にメールでお知らせいたします。
  4. 参加可能な場合は、お知らせを受信した日から起算して5日以内に参加費を銀行振り込みでお支払いください。
  5. 参加費のお支払いを確認しましたら、お申し込み完了です。

お申し込みから参加までのながれについてもっと知る

宿泊場所

「Ed’s Share House」(シェアハウス)

    基本情報:
  • 男女別の相部屋
  • 管理人あり
    設備:
  • 寝具一式
  • 冷房
  • 暖房
  • 浴室
  • 洗濯機
  • 個室
  • 管理人
    インターネット環境:
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル
  • WiFi
    食事:
  • 朝昼:各自ご準備ください(詳細については初日に相談します)
  • 夕:シェアハウスが提供
    徒歩圏内の施設:
  • コンビニ
  • スーパー
  • 各種レストラン

※最新情報については、お申し込み後に招待されるLINEグループにて、世話人に直接お問合せください。