📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

奄美を堪能した日

今日はオフ日、ということで、

まずは奄美パークへ。

奄美の自然を愛した画家、田中一村の美術館や、その作品に描かれた亜熱帯の植物が植えられた道、山も海も空港も見渡せる展望台がありましたが、

1番印象に残ったのは、奄美群島の各島の自然や食を紹介するコーナーでした。

特にパパイヤの漬物のレシピは、

バイト先で青パパイヤを販売しながらも調理方法をサラダしか知らなかった自分にとって、

よりお客さんにパパイヤをお薦めできるということで、とても参考になりました。

そしてお昼ご飯は鶏飯。

鶏がらの出汁が五臓六腑にしみわたる〜

白米と出汁は同じテーブルを囲む人とでとりわけ、

具や薬味の組み合わせで自分好みにカスタマイズします。

とても楽しくておいしいお昼でした。

やはり郷土料理は、家でも地域を感じることができるので、今の時代、食を通じて生活を豊かにするきっかけとして、周りの人に伝えていきたいです。

次はマングローブでカヌーでした。

干潮だったので、アーチ状のマングローブ林の中を歩くことができ、ハゼやカニに遭遇しました。

奄美だからこその自然を体感することができました。

マングローブ林は二酸化炭素をたくさん吸収し蓄積するので、温暖化対策として保全が必要だろう。

さらに、多様な自然環境で生を感じることは、生きている私たちには重要なことだと感じています。

遊びつつたくさんの学びや感じることがあり、充実した1日になりました!

運転して案内して下さった楠田さんには、感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます!!

明日もオフなので、ゆっくり休んでラストのお手伝いに臨みたいですね。