📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

村おこしボランティア【別府自然放牧コース】のレビュー

プログラムの満足度

4.7
4.7/5

世話人への満足度

4.8
4.8/5

もう一度、行きたいと思った人

0 %

累計参加者数

0

参加者の感想

井上陽菜さん(2022年6月)

非常に濃い3日間を過ごすことが出来て、大満足です。頭の中では「世話人の力になるため、たくさん手伝いたい!」と思っていても大変な作業が多く、体がついていかないということが多々あり、少し悔しかったです。ですが、その経験もひとつの勉強になりました。何より世話人の労働力の大きさに驚きました。
また、見知らぬ地域に入って、世話人がどのように地域の輪に入り込んでいるのか、そこから生まれる地域社会の活動や広がりを直に見ることができて大変勉強になりました。このような経験は滅多にできないことだと思うと誇らしい気持ちです。

M.N.さん(2022GW日程)

参加するまで自然放牧とは何だろうと思っていました。実際に行ってみると、自然の中で牛たちを育てていて驚きました。 牛が1頭でもいなくなると、森の中を探すのがとても大変でした。参加した期間は短かったですが、内容はとても濃いも

Y.Y.さん(2022GW日程)

5日間とは思えないくらい充実した、収穫の多い体験になりました。ボランティアとして参加しているはずなのに、自分の方が沢山お世話になって、色々な価値観に触れる事ができて、山地さんの事をもっと応援したいと思うようになりました。そしてこの気持ちが本当のボランティア精神に繋がるのだと感じました。畜産という仕事が自分の将来にどのように影響するかではなく、ここで学んだ事や感じた事が自分の財産になると確信しました。
今回の活動を通して、気付かない内に自分本位で動いていないか?と考える場面が増えました。そして、お互いにメリットのある形にする努力が必要で、その時に相手の価値観を知る事がとても重要だと改めて感じました。
最初、畜産という仕事は自分とは全く無関係だと思っていたけど、実は生活に深く関係していて、もっと理解しないといけないと思った。知らない事は罪じゃないけど、知ろうとしない事は罪だと思いました。

S.I.さん(2022GW日程)

個人的な理由で悩んでいた時に友達に勧められ、このボランティアに参加することにしたので、最初は特別思い入れがあったとかではなかったのですが、活動をしていき世話人の方の考えに触れるにつれ、だんだん夢中で取り組んでいる自分がいました。普段できない経験をたくさんさせてもらえて、いろいろ考えて、すごくいい5日間を過ごせました。

匿名希望(2022GW日程)

育てる側のことを何も知らなければ、食べものとしての牛肉としてしか見ることができずに、どういう牛肉なのか、しか考えられない人がほとんどなのかも知れないと思いました。私自身もそうだったと思います。
今は、牛や自然放牧についてもっと知りたいと思っています。牛がどんな環境を求めているのか、日本だけに限らなければどんな環境で過ごす牛たちがいるのか、食肉がどこでどのように育てられたのか考えるようになりました。
食べ物に感謝しようとよく言いますし、活動参加前から食にありがとうと思っていましたが、今は「ごめんね、ありがとう」と思います。複雑な気持ちかも知れないですが、これから先も大切にしたい気持ちです。

次の参加者へのメッセージ

井上陽菜さん(2022年6月)

ボランティアをするにあたって大切なことは、単に活動をすることではなくて、目的や意図をもっていかに自分が成長できたか、そしてボランティア先の方に少しでも貢献できたかどうかが最も重要なことだと思います。「自分自身を成長させたい!何かを成し遂げたい!人の役に立ちたい!」と思ったなら、一度挑戦してみてください。きっと色々な発見があり、自分の成長に繋がるはずです。

匿名希望(2022GW日程)

普段からしっかり運動している人でない限りはかなり体調に気をつけた方がいいです。山なので寒暖差があり、汗冷えすると大変なので少々面倒でもこまめに上着を脱ぎ着した方がいいです。

来住野 竜也さん(2022春日程)

大変なこともありますが、それを乗り越えた先にやりがいや達成感があるので、諦めずに愚直に取り組んでみるといいと思います!

K.W.さん(2022春日程)

今回参加したことで、普段何気なくいただいているお肉のありがたみを感じる貴重な経験になりました。また、世話人の方はもちろん、シェアハウスのメンバー、同じ日程に参加したメンバーとの出会いは、本当に刺激的で今後の自分の生き方について考える貴重な機会になりました。そして、皆さん熱く親切な方ばかりなので安心して参加してください。活動は思っている以上にきついですが、やり切った時の達成感は格別です。そして、周りには温泉が沢山あり、シェアハウスにはお話し相手が沢山いるのでリフレッシュはしっかりできます!楽しんできてください。

匿名希望(2022春日程)

私もそうだったのですが、放牧を初めて経験する人にとっては、牛の餌やりや牧場の整備などの仕事は大変だと感じると思います。しかし、放牧の仕事を通して自分が普段いただいている牛肉の有り難みを感じることもでき、本当にいい経験になると思います。また、シェアハウスのみなさんや世話人の山地さんなど素敵な方々と語り合うのもとても楽しいです。山々の景色や温泉も最高ですよ〜!

世話人へのお礼

井上陽菜さん(2022年6月)

3日間というわずかな時間でしたが、全てが充実しており、たくさんのことを考えさせられる日々でした。牛のことを第一に想い、加えて環境問題や地域とのつながり、生活していく収入等をしっかり考えて先を見据えられて立派だと感じました

M.N.さん(2022GW日程)

短い期間でしたが、お世話になりました。 正直に言うと大変な作業でしたが、貴重な体験をさせていただき、とても充実した5日間でした。 またボランティアで参加したいと思います! ありがとうございました!

Y.Y.さん(2022GW日程)

短い間ではありましたが、貴重な経験をさせて下さり本当にありがとうございました。活動が終わって東京に戻った後も、今回参加できて本当に良かったなと感じています!自分も軸をしっかりと持って今後の将来を考えていきたいと思いました。

S.I.さん(2022GW日程)

このような機会をいただき、ありがとうございました。いろいろなことを体験する中で、いろいろなことを考えられました。私たちが竜さんやかなさん、牛たちのためにできたことはほんのわずかでしたが、私たちにとってはすごく大きな意味のある経験をさせていただきました。牛のことだけでなく、生き方についても考えさせられました。これから私も夢に向かって頑張ろうと思ったし、自分なりの生き方を見つけていこうと思います。
今後の宝牧舎の活動を心から応援しています。5日間とても楽しかったです!本当にありがとうございました!

匿名希望(2022GW日程)

すぐに名前を覚えてくださってありがとうございました!体力不足で申し訳なかったですが、お気遣いありがとうございました。かなさんにもよろしくお伝えください。
ジャージー牛乳ソフトとブルーベリージュース美味しかったです!大変お世話になりました。ありがとうございました!