ジャージが普段着になりつつある。

目次

望安生活も遂に終わりを迎えました。いつもと変わらない朝ごはん、いつもと変わらない朝。だけど、私は明日の朝ここにはいないのか…と思うと寂しいやら切ないやら…。

ここ望安では沢山のことを学びました。農業の事だけではなく、台湾のこと、澎湖のこと。

今回澎湖、望安に来れたことをすごく誇りに思います。またECOFF代表の宮坂さんをはじめ、望安の農家さん、南寮のユーモアあふれる農家さん、B日程のボランティアのみんな、そして今回の私のインターン生活に関わってくださった方々に感謝をするとともにこれからもこの関係をずっと大切にしていけたらいいなと思います。

明日は移動日なので、実質今日が最後の夜でした。最後は宮坂さんに沢山お話ししていただきました。澎湖コースはこれにて終了ですが、今回できた関係はこれからもっと続いていくでしょう。

いや続けていきます!笑

これまでの記事