目次

識です!

みなさん久しぶり!

元気にしてましたか~?

僕の体験記が読めなくて寂しいという人もいたと思います!

…なになに、そんな人いねーよって?

………泣

3日間、電波の通じにくい場所にいたため、投稿ができませんでした。

その間は、主にヒサカキの葉っぱをむしる作業と、挿し木に向けての準備を行っていました(1回田んぼの水入れを体験させてもらうことも)!

なかなか波乱万丈な3日間でした…

簡単に要約していきますね~

1日目:Rush!! Hurry!! In Haste!!

午前中ゆっくりとヒサカキをむしっていたら、午後に「翌日に200送らなあかんで」と言われ、できていたのが20…

急に効率化を求められ、会話もろくにできないほど集中して作業に臨んでいました。

どこの職場でも、一瞬の気の抜けが命取りなんですね…

特にここ最近労働力が減少している農業だからこそ、こういう仕事効率化を求められるんですね(なお機械化は結構難しい模様)

自分が農業を少し軽んじていることを痛感してくれる1日でした。

2日目:識の霊圧が……消えた?

午前中から少し集中力がかけていた模様…

そして仮眠をとっても疲れが全く取れず、意識も朦朧としていたため、みっちーさんに頼んで休養を貰うことに…

4時間寝た末無事に体調が戻りましたが、みっちーさんたちは帰ってない模様…

「ゆっくりしとき」と言われたため、のんびりしていると、無性に「やっぱ手伝いに行かないと」と思いだし、がんばって作業場へ。

そして「手伝いに来ました」と元気に声をかけて、一緒に協力しながら残り作業を終わらせる。

…ハッピーエンドは待っておらず、行ったときには作業がちょうど終了。

悩んで動けなかった自分がいたことが本当に悔しかった。

仕事量が多いとわかっていながら、力になれずほかの人に頼ってしまった自分が悔しかった。

そういう、自分の欠点と向き合う1日になりました。

複雑です

3日目:ヒサカキ循環日記

朝起きたら、みっちーさんの猫ののんちゃんが一緒に布団に…

至福の瞬間、猫と一緒に寝られるなんて幸せすぎる…

田んぼの水入れを終えた後は、今まで体験したことのなかったヒサカキの挿し木の準備!

てっきり、短く切った枝を土に挿していくのかと思えば、ノンノンノン(唐突はフランス語)

短くした枝は簡易キットの中にいれて、役場が管理しているビニルハウスに持っていくのです!

しかもこの挿し木、10センチくらいで、おっそろしくかわいい!

これが次第に大きくなって、畑に植えられていく姿をみていく…

まるで子供を育てているようでした…

そういう風に思えるから、みっちーさんはシキミやヒサカキを育てているんだろうし、「もっと早くやればよかった」とつぶやいていたんだろうな…

最後の最後で、ヒサカキのライフサイクルを知れた気がして、すんごく腑に落ちました。

以上、これが3日間に起きた出来事でした!

写真は、この3日間でとれた「ベスト・オブ・のんちゃん」で!

明日からは田植えを行ってきます。

相当きついらしいので、僕のお墓を作ってくれるひと募集中です。

(ヒサカキをもって)「僕と一緒のお墓にはいりませんか?」

これまでの記事