それでも時は流れ続ける、それでも芋を詰め続ける

目次

どんな時でも、時間は無慈悲に、一定のペースで流れていく

なにもせずにぼーっと考えているときも

今ある苦痛に耐え難いときも

そして、今この楽しい瞬間がずっと続いてほしいときも……

どもどもインターン生の識です。

終に、西園家での作業も最終日となりました。

鈍感な性格なもので、この事実に気づいたのが当日の午後くらい…

作業中も少ししんみりとしてしまい、なにか最後に語りたいことはないかなと必死に脳みそを動かしていました。

でも、思いのほかいい質問は出てこない。

その代わり、いつも通りの会話と作業が流れていく…

時間とは無慈悲だな…

自分のやりたいこと、考えていことをすべて実行するにはあまりにも時間が足りなさすぎる。

目の前の事に集中しないといけない。

こうして、平凡に西園家の生活が終わってしまった…

……なんとことはありませんでした!

お芋農家さんの健太さんも、今までやったことのない、メルカリ用のお芋の選別をやらせてくれました。

普段の選別に比べて重さが少しシビアなうえに、小さな傷1つでもついていたらすぐにB品扱いになってしまう繊細な作業です。

これは、思った以上に神経使いますw

でもなんか、集中してくると面白いんですw

傷なしを見つけた瞬間が相当うれしい、待ちに待っていたレアカードを当てた瞬間みたいな感じかな?w

そして夜は、倖助君が作ってくれたオムライスとケーキをいただきました!

卵の上には「しき ありがとう」とメッセージが・・・

泣かせてくれるじゃねーかコノヤロー・・・

もはやおなか一杯という概念なんか関係なしに、今までにないくらい食べましたw

本当に楽しい習慣でした

子供に振り回され、お芋にも翻弄される、普段とは違う忙しい4日間でした

どんな時でも、時間は無慈悲に、一定のペースで流れていく

なにもせずにぼーっと考えているときも

今ある苦痛に耐え難いときも

そして、今この楽しい瞬間がずっと続いてほしいときも……

だからこそ伝えたい

健太家の皆さん、素晴らしく快適で、面白い4日間をありがとう

明日からも、別の農家さんの家で頑張ってきます!

(………………いや最終日ちゃうんかーーーい!)