目次

……「考える人」という彫刻があります。

近代彫刻の父、ロダンの作品ですね。

あの彫刻、実は地獄の門の上に立っていて、その上から何かを考えているらしいです。

何を考えているかはわかりません(なんやねん)。

一方、今日の写真の「考える識」はお芋を見ながら「ロシア人、ハゲの方がモテるなら、ロシア行こうかな…」としょうもないことを考えています。

下心も頭皮も丸出しですね。

はい、面白い。

今日も前置きが長くなってしまいましたが、引き続きお芋の箱詰め作業と選別を行っていきました!

雨天だったということもあり、自分も農家さんも少しテンションが低め…

加えてお芋の作業は、単純そうに見えて、少しでも集中力欠くと結構ミスが響く…

そこそこ神経使いつつ、会話のネタも考えながら頑張っていました(そんな中、出てきたのが「考える人」の話)

でも無事に作業が終わり、1日頑張ったという達成感に満たされました!

そして夕飯は西園家のために揚げ物料理!

5人分作るということもあり、1人暮らしの倍くらい時間がかかりかなり苦戦しました…

もう揚げ物はしばらく作りたくない…

今日感じたことは、貪欲であり続けること

作業中、少しぼーっとしてしまう瞬間があっても、考えることを止めず、少しでも今この瞬間から新しい発見を見つけること。

そのためにはすんごい集中力を使うやろうけど、今頭を回さないと、下手したら2度とその質問を農家さんにできない。

そう、「考える人」になるのです。

とか、かっこいいこと言っていたら、だいぶ眠くなってきたので、今日はこの辺にします。

糖分大事。

以上、西園家に置かれた彫刻「考える識」でした!

これまでの記事