📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、感染症についての対策および方針を定めています。詳しくはこちら

参加者の声

📍 コースごとに読む

📙 全てのコースのレビュー

H.A.さん(2023春日程)

今までの人生で1番充実し、学ぶことができた2週間でした。様々な価値観の人に出会い、今までの自分の人生と照らし合わせたり、将来を考えるお話をすることができたり、自分の人生は、自分で作るということを学びました。ボランティアという形で地域の人の本音や日常の幸せを知ることができたことは、一生の宝物になったと思います。

田中隆一郎さん(2023年末年始日程)

今までした事の無い体験をして人間としてのレベルが上がったとひしひしと実感しております。私は正直初めて会う人と10日一緒に時間過ごす事に不安を覚えていましたが、実際にボランティアに参加することで、コミュニケーションスキルがつき、他のルームメイトと考えを共有することで視野が広がりました。有意義な時間でした。

加藤優希子さん(2023春日程)

10日間、屋形島で過ごしてみて、本当に穏やかに時間が流れていた。ヒオウギ貝をはじめ海はとても綺麗で山にも囲まれて、本当に自然に溢れていると感じた。世話人の方もとても素敵な方で話すのが楽しかった。屋形島のことを今までは知らなかったけど、現地に行くとどんどん知りたいことが増えて、屋形島について真剣にみんなで考える夜の時間が有意義だった。普通の生活をしていたら絶対に巡り会えていない場所、もので溢れていて参加して良かったと思えた。

四日市ひなさん(2023夏日程)

今でも思い出して戻りたいなと思うほど素敵な経験でした。島の人々の温かさに本当に助けられた10日間でした。勇気を振り絞って参加してみてよかったです。人生の中で1番キラキラしてる10日間でした!

S.T.さん(2023春日程)

島派遣に行く前は、費用が高く感じて少し億劫な部分もあったが、10日目が来る頃には、お金でしか価値を判断していなかった自分が情けなく思うほど島の雄大さや人の優しさに触れ、多くのことを考えるきっかけが生まれた。見返りを求めず人に尽くす、互いに助け合うボランティアの真髄の片鱗に触れることが出来たような気がする。

匿名希望(2023春日程)

今回初めて与論島に行って農作業を体験させて頂いた事で農家さんの苦労ややりがいが分かりました。農業は自然と戦わなければならないので雨の日に外で作業したり台風に備えたりと大変なことも沢山ありました。でも収穫出来た時の喜びや地域の人たちと収穫したものを交換している所を見た時は島の暮らしの良さが溢れていると感じました。1番大変だったのはソリダコという飾りの花の収穫で、収穫する際には葉の向きを揃えなければならなかったり、蕾の些細な色の違いを見分けて収穫するなど、商品になるものを収穫しているのだと実感できました。与論島では夏には観光業が盛んになるけど冬は与論島の良さが分かりずらいため観光客が来ないことが問題になっていました。そこで与論島で農家さんと一緒に農作業をして島の暮らしを体験できるブログラムを作ろうとしていました。私もそのモニターとして意見を交換できたことで、お客さん目線と農家さんの目線でプログラムを考えたので、それぞれの希望に沿うものを作り上げることの難しさを知り、島おこしの大変さを実感出来ました。今回ECOFFで与論島のプログラムに参加して島の農業や共同生活の大変さ、楽しさなど貴重な経験になりました。与論島の名前しか初めは知らなかったけど今では人に与論島の魅力をたくさん伝えられます。与論島で得た発見や経験を今後の活動に活かせるように頑張ります。

中澤凛菜さん(2023春日程)

行く前までは現地に行って足りないことをお手伝いするスタイルで、やることに目星がつかずとても不安ではあったが、実際に江田島に赴いて生活に染まったことで普段は体験できないことをした。例えば、料理をするときはフライパンは鉄鍋、炊飯器はなく鍋で炊き出し、電子レンジはない。一見不便に見えるがあえてないことで今まで考えたことのなかったことを知り考えるようになった。また、料理を仲間とすることで本音も言えるようになった。料理が大の苦手だったが一番好きな時間になった。ボランティア活動では主にやぎとにわとりのえさやりと餌作りをしていたが全て手作りしていた。だからこそ一つ一つに愛着がわき大切にしようと思えた。一つ一つのこと・ものにはきちんと意味があった。それに気が付くことができた。最後になるにつれて最初抱えていた不安はとっくになくなって寂しさと喪失感があった。それぐらいかけがえのない経験ができた。

匿名希望(2023春日程)

最初は緊張していて、始まった当初は10日間長いな、、と思っていたけど、気づいたら後半戦だったり、最後には名残惜しいと思ったりしました。
私自身、農業は好きでしたが、思いの外大変でした。毎日農家さんは早起きしてすごいなと思ったし、食材は大切にしていきたいと思った。
農業はボランティアでする分には良いが、自分で1からしようと思うと難しいなと思った。国内の農家さんが高齢傾向にあると聞いたが、後継者がなかなかいないのかなと思った。若い人も私のように1から始めようとはなかなか思いきれないのかもしれない、、
また、8人同じ屋根の下で暮らす毎日は良い意味で騒がしくあっという間でした。家事洗濯料理、全てを自分たちでするのは今後の自分の生活力を強くさせてくれたなと思いました。ただ、やはり大きい虫は克服できなかったです、、、
この10日間で自分を大きく成長できたと思うし、とても良い体験ができました。
もっとその地域について知りたい!と思えたし、農家さんのお役に少しでも立てたなら本望です。

Y.T.さん(2024GW日程)

全てのことが初めてであり、躊躇うとこもあったが、最後には自分から進んで取り組むことができ、自分なりに成長出来たと思う。また、奥尻島の人の温かさを何度も感じることができ、第2のふるさとという言葉がピッタリだと思った。一緒にボランティア活動を行った人もボランティアを支えてくれた人々もいたからこそ無事ボランティア活動を行うことができ、様々なことを学ぶことが出来たが、1番の収穫は人々の繋がりだと考える。

匿名希望(2023夏日程)

三宅島に来て自然の素晴らしさを体感することができると同時に、いかに普段の生活が自然とかけ離れているかを実感することができました。将来の選択肢を決める上での判断材料や、自分はどのようなときに幸せと感じるかを見つけるために今回のプロジェクトに参加しましたが、今回のプロジェクトを通じて自分は、お金やきれいな暮らしではなく、人々とつながっているときや自然を感じているときに幸せを感じるということが分かりました。今後将来の選択肢を決める上では、この軸を大切にして人生を歩んでいこうと思えました。今回のプロジェクトで、かけがえのない仲間と出会えたり、貴重な体験をすることができたので、今回このプロジェクトに参加してとても良かったです。自分の大きな財産となりました。また何年後かにもっと成長して三宅島に戻ってきたいと思いました。

匿名希望(2023夏日程)

まさかこんなに楽しい日々を送れるとは思っていなかった。世話人の話は普段都会で暮らしていて聞けるような話ではなく、新鮮で興味深く面白い。島の観光地や噂の類は所々に戦争の存在、戦争の重みを匂わせてくる。道路の真ん中、街灯のない夜道、さとうきび畑の間、燦々と煌めく海の岸辺なんかを、自転車で颯爽と駆け抜ける日々。仲間にも恵まれ、拠点にいる時間までが本当に充実していた。
世は資本主義社会、お金と時間に追われる運命。どこか機械的に、まるで何かに急かされるように人生を送ることに、幼い頃から違和感を感じてきた。社会を甘受できない私が戻る場所はこういうところなのかもしれない。そうでなくとも、こういう街の魅力、誘惑は、私が日々を頑張る原動力のひとつになったと実感している。また何かあったら戻りたいと強く思う。かけがえのない10日間を過ごせた。ここに来て本当に良かった。