参加者の声

📍 コースごとに読む

📙 全てのコースのレビュー

匿名希望(2022春日程)

今回は5組の農家さんとラジオ局の方々にお世話になりました。毎日異なるところに行き異なる作業を体験することができました。その分、農業のことや奄美大島のことや受け入れ先の人の人生の話などを沢山聞くことができ、学べて楽しい時間を過ごしました。ボランティア活動の休憩時間には農家さんがドライブや絶景の見える所に連れていってくれました。海や景色は写真で見るよりも美しくて衝撃を受けました。
一緒に過したメンバーはみんな優しくて明るくて毎日楽しい日々を送ることができました。島の人は私たちをあたたかく歓迎し送り出してくれました。
奄美大島で出会った人といつまでも繋がっていたい、また奄美大島に行きたいと思えた10日間でした。

Y.M.さん(2022年夏日程)

プログラム内容はどれも魅力的なものばかりで、普段の生活では絶対にできないことを経験できた。自分を見つめ直すきっかけにもなり、新たな一面を見つけることもできた。また、お互いに高め合ったり、支え合ったりできる良い仲間にも出会えた。

A.N.さん(2022春日程)

コロナで失われた対面の機会、それが持つ意味が分からなかった分、苦痛に思うことは少なかったけれどどこか物足りない思いがありました。今回奥尻島の派遣を通してそれが人と触れ合うことの大切さなことだったのだと気付きました。このような状況下で開催する意味はふれあいにあるし、それで救われる学生が多いのではないかと思いました。また参加したいし、人にも勧めたいと思います!

S.K.さん(2022年夏日程)

素晴らしい日々を過ごせた。特に島という閉鎖された環境に飛び込むことにボランティアのプログラムは役に立った。今回感じたことを大切にしながらこれからの人生を歩んでいきたい。

匿名希望(2021春日程)

学生最後にこんなにも大きな思い出をつからて良かったと思いますし、一緒に働く皆様の優しさにすごく癒されました。10日間過ごしたからこそ知れることも多くて、然別湖が大好きになりました。

栗原陽奈さん(2022年夏日程)

ECOFFの活動に参加して本当によかったです。
最初、焼尻島に行く前まではすぐに家に帰りたくなるかもしれないと思っていましたが、島に着いた途端、絶対に楽しい10日間になる予感しかしなくなりました。
原生林や羊や綺麗な海や朝日や夕焼けやどの時間に見ても美しい島の姿がずっと心に残っています。
この活動に参加しなければ、一生見ることのなかった景色と大好きなメンバーに出会うことができて、すごく幸せな時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

匿名希望(2022年夏日程)

馬のお世話は大変で、毎日沢山のマッシュルームをパッキングすることは疲れるけど毎日充実感に包まれて爆睡することが出来ました。こんな貴重な経験ができて幸せです。

匿名希望(2022春日程)

参加する前とは本当にみんなが成長していて、知らなかったことが世の中には沢山あると知って、モノの価値観とか、生き方とか、農業や田舎の現実とかを感じ、みんなで語り合うことができ、とても濃い時間だった。今までは消費者側の人間で、安いものを買うということしか考えていなかったけど、実際に商品になるまでの過程を経験したことで、改めてモノの価値観が変わった。私たちはほんの一瞬を手伝っただけだが、それでも大変だと感じたのに、農家の人は毎日農作業をしていて、大変だからやらないのではなくて「生きるためだから」と言っていたのが印象的だった。後継者がいないという話を聞いて、今の若者は農業という大変な仕事をしなくてももっと楽な仕事(考え方は人によるが)で農家よりも収入が入ったり体力的にも大変だからこそ、農業に興味ある若者が増えても本格的に農家になる人は少ないのかなと感じた。今回のボランティアを通して、改めて、大事な農家さんをその代で終わらせないためにもしっかりとした補償や交流など必要ではないかと思った。屋久島でのボランティアを通して、改めて島人のコミュニティーの広さを実感した。自分の畑だけでなく、共にお互いを意識しながら助け合って農業している姿が印象的だった。
 サウスビレッジに来る方は色んな方がいて、生き方があって、自分の芯があって、とてもかっこよかった。改めて、対面で人と関わることの大切さを感じた。

M.M.さん(2021春日程)

始まる前まではオンラインで顔合わせなどがなくて不安でしたが、ごんちゃんさんをはじめ参加者と会ったからはみんな優しくて楽しかったです。何をやるのかどんな土地なのか全く分からないからこそ見るもの体験することが新鮮でした。

M.H.さん(2022年夏日程)

最終日、船が港から離れる中、大きく手を振ってくださる島民の皆さんをみて、思いが込み上げ、涙が溢れました。すごく短い期間だったのに何故泣いているのだろう、と思いました。それくらい島での時間が濃かったのだと思います。島の方とも一緒に汗を流し、食を共にしました。ecoffの仲間とは毎日のようにヘリポートで満点の星空を眺めました。
悪石島での時間は忘れられない最高の時間です。たくさんの人にたくさんの感謝を伝えたいです。

匿名希望(2021春日程)

最初は不安でいっぱいだったが、とても良い経験ができ、参加して良かった。また、ボランティアや共同生活を通し、成長したと感じるだけでなく、自分の欠点を見つめるいい機会にもなりとてもありがたかった。機会があればまた参加したい。